トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

【渡韓】経験者に聞いた!オススメの宿泊施設・ゲスハ

ろむ

2019/06/20

渡韓が決まったら、まず最初にしなければならないのが、宿泊先の予約。初めて渡韓する方にとって、自分に合った宿泊先を選ぶのは、なかなか難しいかもしれません。 この記事では、宿泊施設の種類から予約までの手順、筆者のオススメの宿泊施設まで、渡韓初心者の方にも分かりやすいよう説明していきます。

韓国で宿泊する際に知っておきたいこと

まず始めに、「韓国の宿泊施設あるある」をいくつかご紹介します。渡韓が初めての方は、頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

①料金設定は人数単位ではなく部屋単位

韓国の宿泊施設は一般的に、部屋毎での計算になります。そのため、一人で予約していても、空室があれば、ツインルームやダブルルームにアップグレードされる事も。

②デポジットが必要な場合がある

これは日本でも同じですが、一部のホテルでは、チェックイン時にデポジット(保証金)として、クレジットカード提示または現金預かりを要求されます。現金で支払った場合は、チェックアウト時に返金されます。

③バスルームから下水の臭いがする

もちろん全ての宿泊施設ではありませんが、下水の臭いが気になる施設は多いです。建物や部屋自体は綺麗なのに、水回りがなんか臭う…なんて事も。臭いは写真では分かりませんから、口コミを確認してみましょう。

④シャワーの水圧が弱い

日本のホテルで水圧が気になる事はあまりないと思うのですが、韓国ではあるあるです。「水圧くらい」と思うかもしれませんが、いざ泊まると、案外ストレスに感じるかもしれません。念のため事前に口コミをチェックしておきましょう。

⑤トイレとシャワーが区切られてない

ゲストハウスやホステルなど、バスルームが狭い部屋に多いです。バスタブもシャワーカーテンもない場合、シャワーを浴びるとトイレの便器までびしょ濡れになります。一般的なホテルではあまりないと思いますが、予約の際には、浴室の写真も忘れず確認が必要です。

宿泊施設の種類

渡韓する際、主に利用される宿泊施設は3パターンあります。それぞれの特徴と、メリット・デメリットを紹介します。

ホテル

ホテルの大きな特徴として、完全個室である事が挙げられます。また、ホテルは「部屋を貸し出す」というだけでなく、「サービス」である事。アメニティや設備などにも期待できます。

ホテルのメリット

  • 24時間スタッフと連絡が取れる
  • セキュリティ面での安心感
  • ルームキーピングがあるため掃除の手間が省ける
  • アメニティなど必要な物が揃っている
  • ホテル内設備を利用できる
ほとんどのホテルでは、各部屋に金庫が設置してあります。特に整形する場合は大金を持参するので、貴重品を保管する場所はかなり重要です。 また、ダウンタイム中の方などで、何か異変が起きてしまった場合なども、24時間すぐにフロントに連絡が取れるのは安心です。

ホテルのデメリット

  • コストがかかる
  • ルームキーピングがある
  • キッチンスペースがない
  • 自由に洗濯ができない
  • 室外からの音漏れ
メリットにも挙げたルームキーピングですが、良い面もあれば悪い面もあります。特に整形目的で渡韓し、ダウンタイムを部屋でゆっくり過ごしたいという方は、ルームキーピングが鬱陶しく感じるかもしれません。

ゲストハウス

ゲストハウスは、いわゆる「素泊まり宿」です。サービス提供を目的としておらず、あくまで「泊まる部屋」を提供する場所です。 また、ゲストハウスにも様々なタイプがあり、寝室から全て共有するタイプや、寝室は個室になっている所もあります。ですが基本的には、バスルーム・トイレ・キッチン・リビングは共有である事がほとんどです。

ゲストハウスのメリット

  • 安い
  • 宿泊者同士の交流ができる
  • 食事のデリバリーができる
一番のメリットはやはり安さでしょうが、ゲストハウス特有の特徴は、宿泊客同士の交流です。現地の人だけでなく、世界中の人と仲良くなれますし、ダウンタイム中の人も多いとか。整形トークで盛り上がり、ダウンタイムの辛さを乗り越えられたという人も少なくないようです。

ゲストハウスのデメリット

  • 個人スペースが少ない
  • プライバシーがない
  • 盗難のリスクが高い
  • 清潔とは限らない
ゲストハウスは基本的に共有スペースがあるので、完璧にプライバシーが守られた環境とは言い難いです。中には、貴重品の盗難被害にあった人もいるようなので、自己管理を徹底する必要があります。

Airbnb

Airbnbとは、いわゆる民泊です。日本ではまだあまり浸透していませんが、予約も簡単ですし、コストパフォーマンスも良いのでとても便利です。 また、Airbnbの宿泊タイプは大きく分けて2つあり、共有型完全個室型から選べます。簡単に言うと、共有型はゲストハウスに近いです。ホストや他の宿泊客と、共有で利用します。一方の完全個室型は、部屋をまるまる貸し切る事ができます。

Airbnbのメリット

  • コストパフォーマンスが良い
  • 自分のニーズにあった部屋を探せる
  • キッチン・洗濯機がついている
  • 誰にも会わずチェックイン・アウトができる
  • ルームキーピングがない
  • デリバリーを頼める
  • 自由度が高い
共有型の場合は当てはまらない点もありますが、完全個室型の場合、韓国に住んでいるのと同じ感覚なので、かなり自由度が高いです。また、ホストとはアプリやサイトを通じてやりとりするため、実際に会う必要なくチェックイン・アウトができます。

Airbnbのデメリット

  • 何かあった時に頼れる人が近くにいない
  • 必ずしもセキュリティ対策が万全とは限らない
  • ホストとやりとりする上での言語の壁
  • ルームキーピングがない
誰とも会わず宿泊できるのは、メリットでもありますが、何かあった時に対応してくれる人がいないともとれます。ほとんどのホストは、連絡すればすぐに対応してくれますが、ホテルほどの安心感はないと思います。 また、セキュリティに関しては全てホストが管理しているわけですから、宿泊客である私たちは、それを信用するしかありません。

宿泊施設の決め方

①宿泊日数を決める

まずは宿泊施設を利用する日数と日時を決めましょう。短期滞在か長期滞在かによっても、適した宿泊先のタイプも変わってきます。

②おおよその予算を決める

大体でいいので予算を設定します。ただし、予約時と支払い時のレートには少なからず差が出るので、ある程度余裕をもって考えましょう。

③必要条件を考える

宿泊するにあたって、「これだけは譲れない条件」や「あると嬉しい条件」を書き出しておくと便利です。いくつか例を挙げておきます。
  • 立地
  • 完全個室
  • バスタブ/冷蔵庫/洗濯機/電子レンジがある
  • 日本語が通じる
  • 近くにコンビニがある
  • 周辺の環境(坂道がない、夜うるさくない)
  • アメニティ完備

④宿泊する場所を決める

整形で渡韓する場合、江南駅、新沙駅周辺で探すのが一般的ですが、観光したい場合は、弘大入口駅、明洞駅、ソウル駅、東大門駅あたりに宿泊しても便利です。江南駅から弘大駅までは30分以上かかりますので、どちらにも行きたい場合は、その中間にある駅周辺に宿泊するのも一つの手です。

⑤ホテル・ゲストハウス・Airbnbから選ぶ

上で説明したそれぞれの特徴を参考に、自分にあった宿泊施設を決めましょう。また、ロケーションによって宿泊施設の数も違います。それぞれのサイトに一度目を通してから決めてもいいかもしれません。

⑥条件にあった宿泊先を探す

宿泊施設を検索できるサイトは多くありますが、筆者が普段利用しているものをいくつか紹介したいと思います。 価格、立地などの条件だけでなく、必ず口コミも確認し、総合的に判断しましょう。

エクスペディア:ホテル・ゲストハウス

Booking.com:ホテル・ゲストハウス

トリバゴ:ホテル・ゲストハウス

Airbnb:民宿

⑦予約する

宿泊先が決定したら、今一度確認してから予約しましょう。予約が完了したら、必ず控えを保管しておいてくださいね。

筆者が利用した宿泊施設

過去に筆者が利用した中で、おすすめできる宿泊施設をいくつかご紹介します。

ドーミーインPREMIUM SEOUL カロスキル

こちらはすでに有名ですが、かなりおすすめです。日系ホテルなので日本語可能ですし、清潔さやサービスもジャパンクオリティ。新沙駅目の前で立地もよく、ダウンタイム中の宿泊客も多く見かけます。料金設定は比較的高めですが、満足度も高いです。

https://www.hotespa.net/hotels/garosugil/

Park Hotel Yeongdeungpo, Seoul

このホテルは、弘大近くの堂山駅・仙遊島駅付近にあります。ローカルな場所なので夜も静かですし、ホテル自体が新しいので綺麗です。アメニティや設備などもよく、日本のホテルに近いです。コストパフォーマンスもいいので弘大方面に行く方にはおすすめです。

https://www.parkhotelgroup.com/en/yeongdeungpo

(Airbnb) Mike's Home B5

江南駅目の前にあるマンションの一部屋。比較的新しく、同じ建物内に、コンビニ、薬局、パン屋、レストラン、美容室があり利便性抜群。室内も清潔でアメニティも豊富なので、自由度の高いホテルのような感覚。料金設定もホテルよりは安いので、ダウンタイムを部屋でゆっくり過ごしたい方には特におすすめ。

https://www.airbnb.jp/rooms/26722718?s=67&shared_item_type=1&sharer_id=171955590

この記事を書いた人

ろむ

  • 3日記
  • 1カウセレポ

おすすめ記事

トリビュー [TRIBEAU] インストール