トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

涙袋形成とは?ダウンタイム経過やメリット、デメリット、費用について。失敗しないため向いてない人も徹底解説!

涙袋形成とは、目の下にヒアルロン酸等を注入してボリュームアップさせる施術です。 ここ最近はモデルやタレントの間でも涙袋がチャームポイントと言える女性も多数いるほど人気のあるプチ整形で、術後の腫れや赤みなどのダウンタイムが少ないのも人気の理由です。 写真加工アプリなどを使うと目をキラキラさせたり目元を大きくしたりすることができますが、涙袋形成も程度には差はありますが、同じような効果が期待できます。

涙袋形成とは

涙袋形成とは、目の下にヒアルロン酸等を注入してボリュームアップさせる施術です。 ここ最近はモデルやタレントの間でも涙袋がチャームポイントと言える女性も多数いるほど人気のあるプチ整形で、術後の腫れや赤みなどのダウンタイムが少ないのも人気の理由です。 写真加工アプリなどを使うと目をキラキラさせたり目元を大きくしたりすることができますが、涙袋形成も程度には差はありますが、同じような効果が期待できます。

涙袋とは

涙袋とは目の下の膨らみのことを言いますが、これは眼輪筋のことを指します。 真面目な顔をしている状態では涙袋がない人も、笑うと目の下がふっくらと盛り上がることがありますが、これは眼輪筋が収縮するために起きます。 この部分がふっくらとしていると、印象的で大きな目元になる上に、愛らしい・大人っぽい・艶っぽいといった印象を与えることができます。 なお涙袋は特別な機能を持つ部位ではないため、生まれつきある人もいれば、ない人もいます。涙袋がないからと言って日常生活に支障をきたすことはもちろんありません。 ちなみに涙袋と似ているものに「目袋」というものがあります。 これは眼輪筋よりも下にできる膨らみで、加齢によって眼窩脂肪が下垂することで生じます。 この部位が膨らむと、たるみやクマの原因となるため、「目の下の膨らみ」という意味では同じですが、その効果はまったく異なるものになります。

涙袋形成の手法

涙袋形成は、目元すぐ下のまつ毛の際にボリュームを出す施術で、一般的に使用されるのはヒアルロン酸です。 ヒアルロン酸はもともと体内にある成分のため、アレルギー反応も起こりにくいという特徴があります。 また赤みや腫れといったダウンタイムも少ないことから、涙袋形成治療で最も多く使用されています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸には様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。涙袋形成の際に使用するヒアルロン酸は、注入した際にしっかりとボリュームが出るタイプのものが適しており、以下のようなメーカーのものが多く使用されます。 涙袋に注入したヒアルロン酸は体内に吸収されにくいため、効果は1年程度持続します。 ・ジュビダームビスタRウルトラXC アラガン社のヒアルロン酸で厚労省の認可を得た製剤です。 注入時の痛みを軽減する麻酔が入っており、通常のヒアルロン酸注入よりも痛みが少ない点が特徴です。持続期間は約1年です。 ・クレヴィエル・プライム 涙袋形成に特化した高濃度・高分子のためボリュームアップに向いているヒアルロン酸です。 ジュビダーム同様、麻酔が入っており、痛みを最小限に抑えることができます。持続期間は約1年です。 ・レスチレン・リド ガルデルマ社が製造するヒアルロン酸シリーズです。レスチレン・リドは2015年に厚労省に認可されています。粒子サイズが異なる複数の製剤を取り揃えており、部位や悩みにあわせて最適なものを注入します。 ・スタイレージM フランスでNO.1のシェアを占めるヒアルロン酸です。 注入したヒアルロン酸の分解を遅らせることで安定性と親和性が向上し、自然な仕上がりとの持続効果が得られます。タイプの違いは硬さによるもので注入箇所や効果を使いわけ可能です。 ・ベロテロ アメリカのFDA(厚労省)の認可を得ており安全性が高く、高粘度で滑らかな点も特徴です。 ベロテロは、以前はエセリスという名前で販売されていました。

脂肪注入法

ヒアルロン酸に変わって、自身の二の腕や腹部から脂肪を抽出し涙袋の部分に注入する方法もあります。 脂肪は注入後、半分程度が体内に吸収されてしまうので、場合によっては複数回の注入が必要になります。 またヒアルロン酸のように、盛り上がりやラインなどの微調整が難しいため、細かなデザインを作ることが難しいという特徴もあります。 ただし一度注入すると一生持続するため、費用対効果に優れた治療ではあります。

プロテーゼ挿入

韓国で発売されている涙袋専用のプロテーゼを挿入する施術です。下まつ毛部分を皮膚切開してプロテーゼを挿入します。 ヒアルロン酸や脂肪注入よりもしっかり隆起したラインを作ることができます。

涙袋形成のメリット

目元が大きく見える

目元に膨らみを足すことで、目の縦幅が大きく見えるようになります。 イメージとしては、目の下にも二重ラインがあるような感じで、一重まぶたよりも二重瞼のほうが目元が大きく見えるのと原理は一緒です。

目がウルウルに見える

涙袋が盛り上がることで目元に陰影効果が生まれ、ウルウルしているように見えます。 目元がウルウルしていると、より女性らしい印象になります。

大人っぽい・艶っぽい印象になる

無表情の時も目の下がふっくらしているため、笑っているような優しい印象を与えることができます。

立体的な顔になる

鼻筋があったり頬が少し高くなっていると顔立ちは立体的に見えます。 総じて日本人は平らな顔立ちといわれていますが、涙袋があることで目元が立体的に見えるようになります。

小顔になる

立体的な顔になるのとあわせて、立体的な顔立ちになることで陰影効果もあるため小顔に見えます。

将来のたるみ防止に

涙袋の部分は皮膚が薄く、毎日メイクなどで刺激を与えると将来的に皮膚がたるんだりシミなどの原因になることも。涙袋形成によって日々のメイク時間を短縮できる上に将来のエイジング対策にもなります。

涙袋形成のデメリット

しこりや凸凹が生じる

下まぶた周辺は身体の中でもかなり薄い皮膚部分にあたるため、ヒアルロン酸注入の仕方によっては、注入した部位にしこりや凸凹が生じリスクがあります。

左右差が生じる

ヒアルロン酸注入後に、場合によっては涙袋に左右差が出ることがあります。 同じ分量を左右に注入したとしても、体内へ吸収されたりするなどで左右差が生じてしまうことがあります。

感染など

穿刺部位の不潔環境によって感染が原因の痛みや赤みを生じるリスクが極めて稀にあります。

涙袋形成の向いてない人

涙袋形成に特に向いてないというケースはありませんが、もともと目の下の膨らみが少ない際には、皮膚が伸びずにあまり多くのヒアルロン酸を注入することができないこともあります。 また、まぶたの下のラインを切開法や埋没法によって広げるグラマラスライン治療(たれ目形成)を行う予定がある際には、涙袋に注入したヒアルロン酸が流れ出たり涙袋のラインが変形してしまう可能性もあるため、この場合は医師に相談するとよいでしょう、

涙袋形成のダウンタイム

涙袋形成はダウンタイムが少ない点が特徴です。 術後すぐは多少腫れや赤みが生じることもありますが、注入後に10分ほど患部を冷やしていただければそのままメイクをして帰宅することも可能です。 洗顔やシャワーも当日から可能です。入浴は血行が良くなるので当日は避けてください。

涙袋形成の注意点

ヒアルロン酸を入れて数日ほどはマッサージなどで患部に強い力をかけると注入したヒアルロン酸がずれたり横に広がってしまう可能性があります。そのため、できれば3日ほどは強く触ったり擦らずにしてください。 また人によっては術後に内出血が出ることもありますが、1週間ほどで落ち着きます。 なお、内出血はマイクロカニューレ針を使用することで低減できますので、クリニックで対応可能か聞いてみるのが良いでしょう。

涙袋形成の手術について

以下はヒアルロン酸による涙袋形成の場合の手順です。
まずは診察で希望する涙袋ラインを医師に伝えます。
局所麻酔を行います。
クリニックによっては痛み対策として、点眼麻酔や麻酔クリーム、麻酔テープを事前に塗ってから局所麻酔を行うところもあります。この場合、局所麻酔を打つ際の痛みもなくなるため、より痛みを感じることはなくなります。
麻酔が効いてきたら施術に入ります。
涙袋にヒアルロン酸等を注入します。注入は5分ほどです。 クリニックによっては、術中に鏡で実際に涙袋の様子を確認させてくれるところもあります。 自分で膨らみを確認し、膨らみをもっと追加したい際にはその旨を医師に伝えれば、注入量を追加して調整を行います。

涙袋形成の費用感

使用するヒアルロン酸の種類や注入量によって価格は異なりますが、 30,000円~100,000円ほどが相場です。

妹尾 求哲

フィラークリニック 池袋院

  • 0日記
  • 0カウセレポ
  • 0症例

平成26年 鹿児島大学医学部大学院 卒業      同大学病院 勤務      その後、大手病院、美容外科にて研鑽を積む 平成30年9月 フィラークリニック池袋院院長となる

このドクターについて詳しく見る

関連記事

ユーザー日記

施術の解説を読む