トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

  1. 概要
  2. メリット
  3. デメリット
  4. 向いてない人
  5. ダウンタイム
  6. 注意点
  7. 手術
  8. 費用感

二重切開とは?ダウンタイム経過やメリット、デメリット、費用について。失敗しないため向いてない人も徹底解説!

監修ドクター

山本 豊山本クリニック

二重整形には大きく分けて「埋没法」「切開法」があります。 埋没法は糸を使って皮膚と挙筋を連結させることで二重ラインを作りますが、二重切開法の場合はまぶたの皮膚を切開し、眼輪筋と瞼板を縫合するか挙筋腱膜と皮下組織を縫合して二重ラインを作ります。そのためラインが取れにくく、しっかりとした二重ラインを形成することができます。 また切開法の場合、皮膚を切開した際に不要な脂肪や組織を除去することができるため、腫れぼったいまぶたや厚ぼったいまぶたの場合は、二重ラインを作る際に脂肪除去も行うことですっきりした目元にすることができます。 なお目元にかぶさる皮膚(蒙古ひだ)が発達している場合は、蒙古ひだも一緒に切開することで目頭からしっかりと続く二重にすることが出来る場合もあります。

どんな悩みに向いているか

同じ悩みを解決できる施術

施術について

施術時間30分
持続期間半永久
麻酔局所麻酔
抜糸の有無あり(約1週間後)
ダウンタイム期間
腫れ・痛み・傷跡がなくなるまでの期間
1ヶ月
施術回数1

二重切開法とは

二重整形には大きく分けて「埋没法」「切開法」があります。 埋没法は糸を使って皮膚と挙筋を連結させることで二重ラインを作りますが、二重切開法の場合はまぶたの皮膚を切開し、眼輪筋と瞼板を縫合するか挙筋腱膜と皮下組織を縫合して二重ラインを作ります。そのためラインが取れにくく、しっかりとした二重ラインを形成することができます。 また切開法の場合、皮膚を切開した際に不要な脂肪や組織を除去することができるため、腫れぼったいまぶたや厚ぼったいまぶたの場合は、二重ラインを作る際に脂肪除去も行うことですっきりした目元にすることができます。 なお目元にかぶさる皮膚(蒙古ひだ)が発達している場合は、蒙古ひだも一緒に切開することで目頭からしっかりと続く二重にすることが出来る場合もあります。

二重切開法の術式

二重切開法は、医師やクリニックによって多少術式が異なります。挙筋腱膜と皮下組織を固定して二重ラインを作る術式の他、瞼板前組織を切除して固定する術式などがあります。 また埋没法よりも持続力があり、切開法ほど術後の腫れや赤み等のダウンタイムが長くない手術法として部分切開法というものもあります。

二重切開法のメリット

二重の強度が強い

二重切開法の一番のメリットは、一度手術を行えば、とれる可能性が低い点です。 二重埋没法の場合は糸によって皮膚と挙筋腱膜を連結させるため、人によっては数年ほどで糸がゆるんだり切れて二重ラインが取れてしまうこともあります。 対して二重切開法の場合は、まぶたを切開し組織を固定して二重ラインを作るため、二重ラインの強度が強くなります。

腫れぼったい目をすっきりできる

まぶたの皮膚を切開する二重切開法の場合、術中に不要な脂肪や組織を除去することができます。厚ぼったいまぶたや腫れぼったいまぶたの場合には二重切開法によって薄くすっきりしたまぶたにすることができます。 またまぶたの脂肪を除去することで黒目の露出範囲が大きくなり、視野が広がりものが見えやすくなることもあります。

逆さまつ毛を改善することも

睫毛が下向きに生えていて、眼球にあたってしまったり視界を遮ってしまっている状態を逆さまつ毛と言います。二重切開法でまぶたを切開する際に、上まつ毛が上向きになるように調整してまぶたの皮膚を縫合することで逆さまつ毛を改善することもできます。

眼瞼下垂を改善することも

眼瞼下垂は、上まぶたの皮膚が黒目に被さり上方のものが見えにくくなったり眉間や額のしわの原因になる症状です。 皮膚のたるみが原因の眼瞼下垂の場合、二重切開法で余った皮膚を切除することで眼瞼下垂の症状が改善します。

二重切開法のデメリット

ダウンタイムが埋没法よりも長い

まぶたを切開して手術を行うため、術後の腫れや赤みといったダウンタイムも二重埋没法よりも長くなります。

やり直しがききにくい

二重切開法は皮膚を切除する他、場合によっては脂肪や組織の除去も行う手術法のため、一度手術を行うと修正することがかなり難しくなります。

脂肪除去を行った場合、まぶたにくぼみが生じることも

二重切開法とあわせてまぶたの脂肪除去を行った際に、術者の技術力などの問題でまぶたが凹んでしまうことがあります。

感染、化膿など

縫合の際に使用した糸が露出するなどで稀に痛みや膿がでるなど感染するリスクがあります。

二重切開法の向いてない人

二重切開法は、二重埋没法よりも赤み・腫れなどのダウンタイムが長く、目元が落ち着くまでには約1か月ほどを要します。できるだけ周囲にバレずに手術を行いたいという際には埋没法を選択するほうがよいでしょう。 二重切開法が向いている例としては、まぶたに厚みがある人や皮膚の余りがあるケースです。 この場合、まぶたを切開した際に余っている皮膚、脂肪や組織を除去することができるため、すっきりしたまぶたにしつつ二重ラインを作ることができます。

二重切開法のダウンタイム

まぶたを切開して行う施術のため、術後1週間ほどは強い赤みや腫れが生じます。 その後も多少の赤み、腫れ、色素沈着は続き、1か月ほどでほぼ目立たなくなりますが、二重ラインを切開した部分の傷は1年ほど残ります。 また術後5日~1週間後に縫い合わせた糸を抜糸する必要があります。

二重切開法の注意点

二重切開法では、皮膚を切開する作業とあわせて不要な脂肪・組織を除去することも多くあります。この際に、万が一脂肪などを除去しすぎてしまうと、術後に目を閉じた際にまぶたが凹んでしまうなどの症状が出ることがあります。また、切開した部分を縫合した際にできる傷跡が治ないといったケースもあります。 術者の技術力による部分が大きいため、手術を行う前に症例写真を確認するなど事前に確認することをお勧めします。

二重切開法の手術について

まずは希望の二重ラインについて医師と確認をします。
「プジー」という二重ラインをシミュレーションする針金を使って、手術後のイメージを確認することが多いです。
局所麻酔でまぶたの感覚をなくします。
先に麻酔を行うため、術中の皮膚を切開した際の痛みはほぼありません。 なおクリニックによっては痛み対策として、点眼麻酔や麻酔クリームを事前に塗ってから局所麻酔を行うところもあります。この場合、局所麻酔を打つ際の痛みもなくなるため、より痛みを感じることはなくなります。
麻酔が効いてきたら手術に入ります。
瞼の皮膚を切開します。まぶたが厚い場合は皮膚を切開した後に脂肪や軟部組織など不要なものを除去します。 眼輪筋と瞼板、あるいは、挙筋腱膜と皮下組織を糸で数か所固定し、二重ラインを形成します。術式にもよりますが、手術は30~60分ほどで終了します。
切開部分を縫合します。

二重切開法の費用感

手術法やクリニックによって価格が異なります。 両目 200,000円~450,000円

監修ドクター

山本 豊

山本クリニック

東京医科大学卒業後、東京医科大学大学院修了。東京医科大学外科学第一講座、自由が丘クリニック勤務後、ニューヨーク大学形成外科に留学。その後、山本皮フ科形成外科勤務、昭和大学病院形成外科にて研修を行い、独立開業。

このドクターについて詳しく見る

ご注意術式や変化の度合いに応じて効果、ダウンタイム期間には個人差があります。
また、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報がある場合には、ご指摘いただけますと幸いです。運営で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

同じ悩みを解決する施術

トリビュー [TRIBEAU] インストール