トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

鼻のダウンタイムで避けるべき&とるべき行動4選

顔の印象を大きく左右する、鼻。涼しくなってきた今がチャンス!と施術を控えている方もいるのではないでしょうか。 「ダウンタイム中、どう過ごせばいいのかわからない…」「早く腫れを引かせたい…」 そんなあなたへ、鼻のダウンタイムに避けるべき&とるべき行動をそれぞれ4つご紹介します!

トリビュー編集部

2020-09-29T00:00:00.000+09:00

はるな

今年2月に韓国で鼻を整形しました、トリビューインターンのはるなです! 目のプチ整形などと比べると、鼻の施術ってなんだか大がかりで心配ですよね…。 皆さんの不安を解消すべく、私が鼻を整形したときに心がけていたことをまとめてみました♡

鼻のダウンタイムに避けるべき行動4選

まずは、鼻のダウンタイムのNG行動を紹介します。 NG行動をしてしまうと、腫れが長引いたり、最悪の場合は感染のリスクが上がってしまって理想の仕上がりにならなかったりするので要チェックです。

飲酒

アルコールを摂取してしまうと、血行がよくなって腫れが引きづらくなったり、むくんでしまったりします。施術前と施術後、病院から指定された日数はかならず禁酒しましょう。

入浴や運動

身体が温まることで、腫れやすくなってしまいます。少なくとも施術当日はシャワーのみ、激しい運動もしばらくは控えるようにしましょう。シャワーを浴びるときも、鼻に水があたらないようにお気をつけください!施術で耳の軟骨を使った場合は、耳も濡れないようにしましょう♪

喫煙

タバコに含まれるニコチンという成分が、傷の治りを遅くさせてしまいます。病院に指定された期間(一か月程度)は禁煙しましょう。

メガネ

鼻筋に入れた軟骨などが変形してしまうことがあるので、メガネは避けてコンタクトを着用しましょう。鼻づまりが気になるとは思いますが、鼻をほじる、激しくかむのもNG。鼻になるべく刺激を与えないよう心がけましょう!

鼻のダウンタイム中にとるべき行動4選

次に、ダウンタイムをできるだけ短く、快適に過ごすために私が心がけていたことを紹介します!

軽い散歩

術後しばらくして腫れのピークが過ぎたと感じたら、気分転換もかねて軽くお散歩してみるのもよいでしょう。歩くことでむくみが取れ、腫れが引くのが早まります。私は3日目くらいからお散歩をし始めましたが、早く腫れが引くのを実感しました♪

十分な睡眠

良質な睡眠をたっぷりとることで、傷の治りが早くなります。私は22時~6時は必ず寝るようにしていました。枕の位置を高めにすると顔がむくみづらく、鼻づまりも軽減されますよ♡

バランスの良い食事

口を動かしづらいときは、栄養たっぷりのレトルトがおすすめです♡レトルトのお粥は食べやすく、必要な栄養素がたくさん入っているので愛用していました。かぼちゃのレトルトスープも、むくみ解消効果があると聞いていたのでよく飲んでいました♪

食事で不足している成分のサプリ

ビタミン、鉄分などの傷の治りを早める成分が不足しているときは、サプリで補うのもよいでしょう。私は亜鉛のサプリメントを飲むようにしていました!

ダウンタイムを正しく快適に過ごして、理想の鼻になっちゃおう♡

今回は、鼻のダウンタイム中の過ごし方をご紹介しました! 綺麗な鼻を手に入れるにはダウンタイムをどう過ごすかも重要です。 ぜひ今回のコラムを参考に、充実したダウンタイムを過ごしてくださいね♪ 次回のコラムでは鼻のダウンタイムで用意しておくと便利なものをまとめたので、ぜひチェックしてみてください♡

この記事を書いた人

トリビュー編集部

美容医療でキレイ✨になれるお役立ち情報を配信中❤️目や鼻、輪郭等、脂肪吸引や豊胸などのあらゆる施術を経験した編集部メンバーがもっと自信を持てるようにお手伝いします💎

おすすめの記事