トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

  1. 概要
  2. メリット
  3. デメリット
  4. 向いてない人
  5. ダウンタイム
  6. 注意点
  7. 手術
  8. 費用感

ルフォー+ssro(両顎)とは?ダウンタイム経過やメリット、デメリット、費用について。失敗しないため向いてない人も徹底解説!

監修ドクター

山口憲昭レグノクリニック

美容医療におけるルフォー+SSROは、小顔治療の最高峰とも言われる外科手術です。 骨切りや骨削りによつ小顔治療には、オトガイ削り、エラ削り、頬骨削りなどもありますが、いずれも部分的な修正になります。 ルフォー(ルフォーⅠ型骨切り術)とSSRO(下顎矢状分割骨切り術)のセット手術では、顔の下半分の長さを全体的に短くすることができます。

どんな悩みに向いているか

同じ悩みを解決できる施術

施術について

施術時間120~150分
持続期間半永久的
麻酔あり(全身麻酔)
抜糸の有無クリニックによります(1週間後)
ダウンタイム期間
腫れ・痛み・傷跡がなくなるまでの期間
2週間~3週間
施術回数1

ルフォー+SSROとは

美容医療におけるルフォー+SSROは、小顔治療の最高峰とも言われる外科手術です。 骨切りや骨削りによつ小顔治療には、オトガイ削り、エラ削り、頬骨削りなどもありますが、いずれも部分的な修正になります。 ルフォー(ルフォーⅠ型骨切り術)とSSRO(下顎矢状分割骨切り術)のセット手術では、顔の下半分の長さを全体的に短くすることができます。

ルフォー(ルフォーⅠ型骨切り術)

上顎が前方に突出している顎変形症の手術としても行われる治療法です。 上の歯肉一番深いところから切開を行い、上顎全体を骨切りして長さを調節するため、切除します。その後、接合用チタンプレートで固定します。

SSRO(下顎枝矢状分割術)

下顎が前方に突出している顎変形症の手術としても行われる治療法です。 下顎の奥歯のあたりを縦に骨切りし、上顎の噛み合わせと整うように、骨の位置を調節します。その後、接合用チタンプレートで固定します。

ルフォー+SSROのメリット

半永久的な効果を得られる

口元の上下の骨を削って小顔にする手術のため、一度の手術で半永久的な効果を得ることができます。

笑ったときの歯(歯茎)の見え方などオーダーメイドの骨切りが可能

ガミースマイルという笑ったら歯茎が見えてしまう方は、上顎の長さが長すぎることが原因の一つです。この部分もお客様一人一人に応じてオーダーメイドで長さの調節をすることができます。

ルフォー+SSROのデメリット

実施できる医療機関が少ない

ルフォー+SSROは非常に難易度が高い手術のため、大学病院などに限られており、美容医療を目的とした施術を行っているクリニックがかなり少ないです。

神経の麻痺や損傷

SSROを行う際には、下歯槽神経の付近を切開することになるため、術後に術後に感覚が麻痺したりしびれなどが生じることがあります。通常は数か月で改善しますが、場合によってはずっと残ってしまう可能性もあります。

化膿、感染など

手術の際にばい菌が入るなどで、まれに化膿や感染が生じることがあります。 術後数日経過しても尋常ではない痛みや強い腫れ、熱感などが続く際には、できるだけ早く医師に相談するようにしてください。

ルフォー+SSROの向いてない人

顔が大きい原因が骨格によるものではなく、脂肪や筋肉が発達していることによる場合は、骨切りを行っても小顔効果を実感することはできません。 またクリニックにもよりますが、術後は数日の入院が必要になります。退院後も2週間ほど腫れが出るため、ダウンタイムが取れない方は難しいかもしれません。

ルフォー+SSROのダウンタイム

クリニックにもよりますが、術後は経過観察のために1日~5日ほど入院することになります。 またその後は2週間ほど腫れがありますが、次第に落ち着きます。抜糸を約7日後に行う他、咬合のチェックを術後に数回行うこともあります。また術後は顎の骨を固定するために自宅にいる際には専用のゴムで固定する必要があります。

ルフォー+SSROの注意点

上下の顎の骨を削る手術のため、術後は1か月ほど固いものを食べることができません。 そのため流動食や柔らかい食べ物を中心に摂取していただく必要があります。また術後は体重減少される方が多いです。 衛生面での管理も重要ですので、食事後は必ずうがいなどを行い清潔な状態にして頂きます。

ルフォー+SSROの施術の流れ

1.骨切するラインを医師と相談します。(骨のCTデータや三次元写真などで3Dシミュレーションを行うことが多いです)
2.デザインにご納得できれば全身麻酔の検査を行います。
3.全身麻酔を行います。
4.粘膜切開を行います。
5.ルフォー(ルフォーⅠ型骨切り術)、SSROを行います。
6.最終的な位置に移動後にチタンプレートを固定します。

ルフォー+SSROの費用感

クリニックによって異なります。 1,800,000円~3,500,000円

監修ドクター

ご注意術式や変化の度合いに応じて効果、ダウンタイム期間には個人差があります。
また、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報がある場合には、ご指摘いただけますと幸いです。運営で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

同じ悩みを解決する施術

トリビュー [TRIBEAU] インストール