トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

  1. 概要
  2. メリット
  3. デメリット
  4. 向いてない人
  5. ダウンタイム
  6. 注意点
  7. 手術
  8. 費用感

上まぶたの脂肪取りとは?ダウンタイム経過やメリット、デメリット、費用について。失敗しないため向いてない人も徹底解説!

監修ドクター

山本 豊山本クリニック

上まぶた脂肪取りは、まぶたから脂肪を除去して厚みや腫れぼったさを改善する手術法です。 まぶたの厚みを改善できる他、脂肪によって隠れていた二重ラインがはっきりとするケースも多くあります。

どんな悩みに向いているか

同じ悩みを解決できる施術

施術について

施術時間
持続期間
麻酔
抜糸の有無
ダウンタイム期間
腫れ・痛み・傷跡がなくなるまでの期間
施術回数

上まぶた脂肪取りとは

上まぶた脂肪取りは、まぶたから脂肪を除去して厚みや腫れぼったさを改善する手術法です。 まぶたの厚みを改善できる他、脂肪によって隠れていた二重ラインがはっきりとするケースも多くあります。

上まぶたの脂肪の原因とは

まぶたは外側から、皮膚、眼輪筋、眼輪筋下脂肪(ROOF)、隔膜、眼窩脂肪、挙筋腱膜、眼瞼挙筋 という層構造になっています。 このうち、まぶたの厚みには眼窩脂肪と眼輪筋下脂肪(ROOF)が大きく関係しています。 ※なおROOFは、直訳すると「眼輪筋下脂肪(眼輪筋の後ろにある上眼窩の脂肪)」ですが、「隔膜前脂肪」と言うこともあります。 眼窩脂肪はまぶたの奥深い部分にある脂肪です。ピンセットなどで引き出すと比較的簡単に除去ができるため、1cmほどの小切開した部分からでもきれいに抜き出すことができます。一般的には、眼窩脂肪を除去することでまぶたの腫れや厚みを改善することが多いです。 眼窩脂肪を除去しても目の上が腫れぼったい際には、まぶたの隔膜よりも前の皮膚に近い部分にある、眼輪筋下脂肪(ROOF)が厚みも関係していると考えられます。 眼輪筋下脂肪(ROOF)はまぶたの眼輪筋裏側に広がる脂肪でで、この部分の脂肪を除去することでよりまぶたの厚みを減らすことができます。 ただし眼輪筋下脂肪(ROOF)は、塊になっている眼窩脂肪と異なり皮膚にくっついている状態のため、除去には医師の技術力が必要となります。

上まぶた脂肪取りのメリット

まぶたの厚みがなくなる

まぶたの厚み・腫れの原因となっている不要な脂肪を除去することで、まぶたをスッキリとした状態にすることができます。

はっきりとした二重まぶたになる

上まぶたの脂肪を除去することでまぶたが薄くなり、今まで脂肪で隠れていた二重ラインがしっかりと見えるようになることがあります。

ものが見えやすくなる

まぶたの脂肪が除去されることでまぶたが上にあがり、黒目の見える範囲が広くなり、ものが見えやすくなるといったこともあります。

上まぶた脂肪取りのデメリット

効果を実感しにくいことも

脂肪の付き具合によっては眼窩脂肪を除去しても効果が出にくいこともあります。その場合は、眼輪筋下脂肪(ROOF)の除去まで行うことが必要になります。

まぶたに凹みが生じることも

手術の際に必要以上に脂肪を除去しすぎると、術後、目を閉じた際にまぶたが凹んでしまうことがあります。

感染、化膿など

縫合の際に使用した糸や、術後にこすったりしたことが原因で稀に痛みや膿がでるなど感染・化膿するリスクがあります。

上まぶた脂肪取りの向いてない人

上まぶたの厚みが脂肪ではなくたるんだ皮膚によるものの場合は、皮膚切除など別の治療法で上まぶたをすっきりさせる必要があります。

上まぶた脂肪取りのダウンタイム

術後3、4日は強い腫れや赤みが生じます。その後2週間ほどで少しずつ赤みなどは減っていきます。 また術後5日程度で抜糸を行います。それ以降は目元のメイクも可能です。

上まぶた脂肪取りの注意点

まぶたの奥深いところにある眼窩脂肪のみを除去しても、まぶたの厚みが変わらない場合は眼輪筋下脂肪(ROOF)の除去が必要になります。眼輪筋下脂肪の除去には、筋肉や隔膜に張り付いている脂肪を丁寧に除去するための作業が必要になります。

上まぶた脂肪取りの手術について

①まずは診察で脂肪の状態を確認します。
②局所麻酔でまぶたの感覚をなくします。
先に麻酔を行うため、術中の皮膚を切開した際の痛みはほぼありません。 なおクリニックによっては痛み対策として、点眼麻酔や麻酔クリームを事前に塗ってから局所麻酔を行うところもあります。この場合、局所麻酔を打つ際の痛みもなくなるため、より痛みを感じることはなくなります。
③麻酔が効いてきたら手術に入ります。
まぶたを切開し不要な眼窩脂肪や眼輪筋下脂肪(ROOF)を除去します。
④切開部を縫合します。

上まぶた脂肪取りの費用感

脂肪除去方法やクリニックによってかなり異なります。 両目 160,000円~450,000円

監修ドクター

山本 豊

山本クリニック

東京医科大学卒業後、東京医科大学大学院修了。東京医科大学外科学第一講座、自由が丘クリニック勤務後、ニューヨーク大学形成外科に留学。その後、山本皮フ科形成外科勤務、昭和大学病院形成外科にて研修を行い、独立開業。

このドクターについて詳しく見る

ご注意術式や変化の度合いに応じて効果、ダウンタイム期間には個人差があります。
また、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報がある場合には、ご指摘いただけますと幸いです。運営で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

同じ悩みを解決する施術

トリビュー [TRIBEAU] インストール