トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

  1. 概要
  2. メリット
  3. デメリット
  4. 向いてない人
  5. ダウンタイム
  6. 手術
  7. 費用感

プラセンタ注射

監修ドクター

吉種 克之東京イセアクリニック銀座院

プラセンタ注射は、赤ちゃんをお腹の中で育てるために必要な各種アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンといった様々な栄養素が豊富に含まれている胎盤から有効成分のみを抽出した安全なプラセンタエキスを体内に注射する治療です。

どんな悩みに向いているか

同じ悩みを解決できる施術

施術について

施術時間5分程度
持続期間2日~7日程度
麻酔なし
抜糸の有無なし
ダウンタイム期間
腫れ・痛み・傷跡がなくなるまでの期間
ほぼなし
施術回数数週間に一度を数回程度

プラセンタ注射とは

プラセンタは厚生労働省で認可されている医薬品です。プラセンタには、美白、美肌などの美容効果だけではなく、更年期障害の治療として保険診療でも使用されています。1回の注射で疲労回復や目の疲れの改善等を実感されるケースが多く、2,3回程度注射を継続することで美肌効果、美白効果(くすみ、しみなどの改善)を感じるケースが多いです。

プラセンタ注射のメリット

ダウンタイムがほぼない

極細の針で注射するプラセンタ注射にはほぼダウンタイムはありません。

悩みにあわせてブレンド注射も可能

プラセンタ注射は症状や悩みにあわせてビタミンC、ビタミンB、グルタチオンなど の他成分を配合することも可能です。

摂取方法を選べる

プラセンタ注射は皮下注射、静脈注射を選べる他、点滴や経口摂取も可能です。 続けやすい形で取り入れることができます。

様々な効果を得ることができる

もともと肝機能障害や更年期障害の治療で使用されてきたプラセンタは、美容目的にとどまらず、疲労回復、アレルギー改善、便秘などの改善など身体の様々な機能改善に効果的です。

プラセンタ注射のデメリット

数回の注射が必要

1回でも疲労回復、肩こり軽減などの効果を実感する人が多いですが、しみ、しわ改善、美白効果など美容目的での効果を得るには通常は数回の注射が必要です。

献血ができない

プラセンタは厚生労働省に認可されており感染などの心配がないものとなっていますが、リスクを最大限回避するという目的で、プラセンタ(胎盤エキス)を注射した場合は献血を控えるようにと厚生労働省から通達が出ています。

炎症や感染など

プラセンタを注射する際に、間違って血管などに入ってしまうと、血管がつまり内出血や酷い場合は皮膚が壊死するなどの問題になることがあります。

プラセンタ注射の向いてない人

・過大な効果を期待する人 ・1回で効果を得ようとする人

プラセンタ注射のダウンタイム

極細の針で注入するためダウンタイムはほぼありません。体質によっては赤みや腫れが生じることもありますが、1週間前後で収まります。

プラセンタ注射の注意点

ほとんどの方が問題なく注射できるプラセンタですが、まれに注射後に赤みや発熱、痒みなどの症状が出ることがあります。この場合はすぐに医師に相談してください。

プラセンタ注射の手術について

1.診察後、プラセンタ注射を行います。
2.特に麻酔などは使用しません。

プラセンタ注射の費用感

1A 1,000円~3,000円

監修ドクター

吉種 克之

東京イセアクリニック銀座院

東京医科大学卒業後、昭和大学形成外科入局。外科・整形外科・麻酔科にて研修後、大学関連病院の形成外科・美容外科でさらなる技術研鑽を行う。平成7年 神奈川クリニック勤務。理事・指導医・診察部長を歴任。平成22年 東京イセアクリニック診療部長就任。平成27年 東京イセアクリニック総院長就任(銀座院院長と兼務)

このドクターについて詳しく見る

ご注意術式や変化の度合いに応じて効果、ダウンタイム期間には個人差があります。
また、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報がある場合には、ご指摘いただけますと幸いです。運営で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

同じ悩みを解決する施術