トリビュー[TRIBEAU] | 美容整形の写真・口コミアプリ

眉下切開とは?ダウンタイム経過やメリット、デメリット、費用について。失敗しないため向いてない人も徹底解説!

眉下切開とは、上まぶたの皮膚がたるんで余っている際に行う治療法です。 眉下部分を切開して、たるんでいる皮膚を切除縫合することで、目元をすっきりさせることができます。

眉下切開とは

上まぶたのたるみの原因とは

加齢によって肌の弾力が衰える他、紫外線や乾燥などによって皮膚は次第に老化し重力に逆らえなくなりたるみを生じます。 皮膚がたるむだけではなく、目元の脂肪が多い人の場合は加齢によって眼輪筋の力も衰えて眼窩脂肪も下垂し、より重度のたるみになります。

眉下切開はこんな人におすすめ

眉下切開は、まぶたの厚みを軽減しつつたるみも解消することが出来る治療法です。 そのため、上まぶたの余った皮膚やたるみを改善したいものの、上まぶたに厚みが生じることが術前に予想される際に有効な手術です。

眉下切開の方法について

眉下切開は、眉毛の下を切開し余った皮膚を切除して縫合する治療法です。 同じ目的の治療としては上まぶたのたるみ取りがあり、この場合はまぶたの下側(二重ラインのすぐ上)を切開してたるみを除去しますが、眉下切開法の場合は、眉毛の近くを切開して皮膚を取り除きます。 一見余った皮膚を切除するのみの簡単に見える施術ですが、実は医師の技術力や経験が問われる治療法でもあります。

皮膚を縫合する位置

傷が目立たないように、皮膚の縫合は眉毛のすぐ下で行います。 この時、眉の毛根を傷つけずに最も傷跡が目立たないようにするため毛包斜切開という方法で切開を行うことがあります。 これはメスを入れる際に皮膚に対して斜めに刃を入れることで、縫合部の傷跡上に眉毛が生えるため傷跡をカモフラージュ出来る方法であり、熟練した技術が必要になります。

皮膚切除の幅

眉毛の下の皮膚を切除して縫合すれば、必然的に眉毛は元の位置よりも下がります。 上まぶたのたるみが邪魔で目元を大きく開く癖がある方の場合、日常的に眉毛が上に上がっていたり額にしわができているケースがありますが、そのような方の場合は眉毛の位置が下がることで逆に自然な目元になります。 逆に目と眉の間がそれほど離れてない方の場合はより狭くなってしまうため、眉毛固定術という、眼輪筋を額の骨膜に縫合して固定する方法を採用することもあります。

眼輪筋の固定

余った皮膚の切除を行うだけではなく、目を閉じる働きをもつ筋肉そのものが伸びてしまっている場合には眼輪筋の切除も行うことでよりしっかりと目の上のたるみを除去することができます。

上まぶたのたるみを改善する治療法

上まぶたのたるみを改善する治療法は、眉下切開以外にも複数あります。 目元の状態や骨格などでどの治療が適しているかは異なってくるため医師と相談して決めます。

上まぶたの皮膚切除

最もオーソドックスな治療法です。たるんでいる余った皮膚と眼輪筋もしくは皮膚のみを除去して縫合します。 二重ラインが消えてしまったり、もともと一重まぶたの方も場合は、この手術に二重術を合わせて行うことで二重ラインをしっかりと作ることもできます。

埋没法の応用

皮膚を切りたくないという際には、二重埋没法の応用として余った皮膚を、二重まぶたを作る要領で内側に織り込みたるみを解消することもできます。

眉下切開のメリット

ダウンタイムが少ない

上まぶたのたるみ取りなどの同様の治療と比べて、眉下切開は腫れや赤みといった術後のダウンタイムが少ない点が特徴です。

二重ラインの幅が広くなる

上まぶたがたるむことで次第に幅が狭くなってしまった二重ラインを幅広ラインに戻すことができます。

脂肪を同時に除去することも

眉下切開で皮膚切除を行った後に、ROOF(隔膜前脂肪)も同時に除去することで腫れたような上まぶたをすっきりさせることも可能です。

額のしわの改善

上まぶたのたるみが視界を遮るため額の筋肉を使って目を大き開ける癖がある方の場合、日常的に額にしわが寄っていることがあります。 眉下切開を行うことでこの癖がなくなり、額のしわが目立たなくなります。

肩こり、頭痛等の解消

上まぶたを上にあげようと必要以上に目元に力をいれていた癖がなくなることで、肩こりや頭痛、首のこり等の解消になることもあります。

眉下切開のデメリット

眉毛がさがり顔のイメージが変わる

眉下切開を行うと少なからず眉毛の位置が下がります。 目と眉毛の位置が近くなることで顔のイメージが以前と変わることがあります。 眉毛が下がるのが気になる際には、眉毛を下げない眉毛固定法で行うなどの対応が必要です。

左右差が生じる

左右差が出ないように、左右対称に皮膚切開を行うことがポイントではありますが、人間の顔はもともと左右対称ではないため、どれほど左右対称に皮膚切開を行っても、多少左右差が生じる可能性があります。

傷跡が目立つことも

眉下切開は眉のすぐ下で皮膚を縫合するため、慣れてない医師が施術を行うと傷跡が眉から離れて目立ってしまうことがあります。 特に男性の場合はメイクなどでも隠しにくいためより目立つことがあります。

変化が乏しいことも

眉下切開は腫れなどのダウンタイムも少ないため人気の施術ですが、上まぶたのたるみを取るという点では、眉下切開よりも上まぶたのたるみ取りのほうがよりしっかりと変化を出すことができます。

二重ラインが浅くなることがある

眉下切開により上瞼の皮膚が上方にリフトアップされるのは良いのですが、それにより二重ラインの折り込みの深さが浅くなることがあります。 対策としては、埋没法二重術などを追加することで二重の折り込みを確保することがあります。

感染、化膿など

切開・縫合の際に使用した糸が露出するなどで稀に感染や化膿などのリスクがあります。

眉下切開の向いてない人

眉下切開は眉毛と目元の位置が近くなるため、眉毛の位置を変えたくない場合は眉毛を眉の骨膜に固定する眉毛固定法などの特殊な方法で手術を行う必要があります。

眉下切開のダウンタイム

術後2、3日程度は比較的赤みや腫れが大きく生じることがあります。その後1週間ほどで次第になくなります。 1週間後に抜糸を行うまでは目元のメイクは行わないようにしてください。 (クリニックの方針にもよりますが、眉下の縫合部以外は翌日以降メイク可能です。)

眉下切開の注意点

切開部分の縫合方法や術後のデザインイメージなど、医師の経験や手技が結果を左右する手術ですので医師選びは重要なポイントです。 また眉下切開以外にも同様の治療目的で行う手術はあるため、自身の骨格や皮膚の状態等を考慮し、どの治療法が適しているのかを事前に見極めることも大切です。

眉下切開の手術について

まずは診察で術後のイメージなどを医師に伝えます。
局所麻酔(静脈麻酔)を行います。
麻酔が効いてきたら手術に入ります。
その後患部を10分ほど冷やして終了です。

眉下切開の費用感

手術法やクリニックによってかなり異なります。 両目 230,000円~400,000円

小松磨史

みずほクリニック

  • 12日記
  • 6カウセレポ
  • 9症例

札幌医科大学卒業後、札幌医科大学形成外科助教、砂川市立病院形成外科医長、大塚美容形成外科・名古屋院院長を経て2014年に池袋にて、みずほクリニックを開業。 美容外科手術、形成外科手術、美容皮膚科、レーザー治療など幅広いメニューで診療を行っています。

このドクターについて詳しく見る

関連記事

ユーザー日記

施術の解説を読む