FGF注入(首)の美容整形の症例

症例写真

    BEFORE
    DAY after

症例について

説明

FGF(Fibroblast Growth Factor)とは、線維芽細胞増殖因子と呼ばれる人体で作られるたんぱく質の一種で、気になるシワやくぼみに注入することで線維芽細胞を増殖させます。 これは本来、人間が持っている創傷治癒の力(人体が持つ傷を治す力)に着目した施術方法です。 このFGF(線維芽細胞増殖因子)を注入することで、法令線や目元のシワ、くぼみの改善はもちろん、額やこめかみ等の立体的なふくらみへの効果も期待できます。 最近ではグロスファクターメソスキンやPRP(多血小板血漿)などが、多くの美容クリニックで行われています。 当院のFGF注入は、線維芽細胞そのものを増殖させ、シワやくぼみに特化した注射です。

ドクター・施術者のコメント

肌のハリや弾力が失われるのは真皮層にあるコラーゲンが減るためですが、FGF(細胞増殖因子)注入を行うと線維芽細胞を増殖させて、コラーゲンやエラスチンの量を増やすことができます。 その結果、衰え始めていた肌も元気になり、元々持っていた再生能力が高まりますので、弾力や透明感のある肌を作ることが可能です。 線維芽細胞の働きは年齢と共に衰えるものですので、ある程度の歳になったら弾力が無くなるのは当然のことであり、そこで何もしなければどんどん衰えていくだけになります。 FGF(細胞増殖因子)注入を行えばそうした衰えから肌を守っていつまでも若々しい状態を作ることが期待できますので、衰えが気になる方や、日頃、ヒアルロン注射をしている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

リスク・副作用

痛み・・・注入時の痛みはあるが、注入後も続く痛みはほとんどありません。 腫れ・・・注入による一時的な腫れはあるが、施術から約2~3日で落ち着きます。 内出血・・・内出血が出現した場合、約1~2週間程度で治ります。 赤み・・・注入直後に出現し、当日~翌日には消失します。

メニュー名FGF注入
費用6,600~円(税込)
施術の説明~FGFとは?~ FGF(Fibroblast Growth Factor)とは、線維芽細胞増殖因子と呼ばれる人体で作られるたんぱく質の一種で、気になるシワやくぼみに注入することで線維芽細胞を増殖させます。 これは本来、人間が持っている創傷治癒の力(人体が持つ傷を治す力)に着目した施術方法です。 このFGF(線維芽細胞増殖因子)を注入することで、法令線や目元のシワ、くぼみの改善はもちろん、額やこめかみ等の立体的なふくらみへの効果も期待できます。 最近ではグロスファクターメソスキンやPRP(多血小板血漿)などが、多くの美容クリニックで行われています。 当院のFGF注入は、線維芽細胞そのものを増殖させ、シワやくぼみに特化した注射です。 【こんなお悩みをお持ちの方に】 ・深いシワ ・目の上、目の下のくぼみ ・頬のコケ ・手の甲のシワ ・クレーター状のニキビ跡 【FGF(線維芽細胞増殖因子)注入とは】 ・FGF注入の仕組み FGF注入でお肌のシワやくぼみの改善が期待できます。FGFを直接皮下に注入することにより、以下の効果が期待できます。 ・血管の新生を促進 ・良性の肉芽組織を作る ・コラーゲン等の弾力性線維を増殖 ・表皮細胞を増殖させる 【なぜFGFなのか?】 「線維芽細胞」は、人間のお肌の真皮層に存在し、コラーゲンを作り出したり、お肌の弾力をもたらす細胞です。 真皮層の約70%がコラーゲンであり、ヒアルロン酸やエラスチンなども線維芽細胞が直接的または間接的に相互作用をもたらし、重要な役割を担っています。 しかし、この線維芽細胞が減少すると、お肌は弾力を失いシワやたるみを引き起こしてしまいます。また、古いコラーゲンが新陳代謝を悪化させ、さらにお肌の老化を招くという悪循環に陥ってしまいます。 衰えた線維芽細胞は、サプリメント等でコラーゲンを摂取しても、細胞内に取り込むことはできません。つまり、肌老化とは「線維芽細胞の老化」が原因と言えるのです。そして、線維芽細胞をお肌に直接注入することで老化によるお悩みの改善が期待できます。 【ベル美容外科クリニックのFGF(線維芽細胞増殖因子)注入】 多くの美容クリニックでは、複数のグロースファクター(成長因子)をカクテルして注入していますが、当院ではFGF(線維芽細胞増殖因子)のみを注入しています。 それは、線維芽細胞に対する増殖促進作用が他の増殖因子と比較して非常に強力であるからです。 FGFによる線維芽細胞の増殖促進効果が、他の増殖因子と比べて強力でシワやくぼみを目立ちにくくするには、FGF(線維芽細胞増殖因子)がとても効果的です。 【FGF注入の特徴】 ・FGF製剤を直接注入するため、幹細胞注入やPRP等の施術で必要な自己組織の培養や遠心分離の作業が不要で感染症等のリスクが低い ・自己の線維芽細胞が増殖するため、吸収されず、長期間の効果が期待できる ・切開をしないため、ダウンタイムが短い 【FGF注入の適応部位】 ・額 ・眉間 ・目尻 ・上眼瞼 ・目の下 ・上口唇のシワ ・口の下 ・マリオネットライン ・ゴルゴライン ・法令線 ・こめかみ ・頬のくぼみ ・首 ・手の甲 【FGF注入は施術数の多い医師に】 FGFでのシワ改善には、非常に技術が必要な施術で、症例数の少ない医師が注入を行うと膨らみすぎてしまうリスクがあります。 ですがこのリスクは注入する医師の知識や経験、技術力で大幅にリスクを下げることができます。当院では、これまでの施術を通じて十分な検証と経験の結果を踏まえて施術を行っております。 しかし、それでも1回目の施術はやや注入量を少なくして経過を見るようにしています。もちろん1回で効果を実感していただけるように施術を行いますが、リスクを最大限抑えるということは重要な判断だと考えております。
副作用・リスク 痛み・・・注入時の痛みはあるが、注入後も続く痛みはほとんどありません。 腫れ・・・注入による一時的な腫れはあるが、施術から約2~3日で落ち着きます。 内出血・・・内出血が出現した場合、約1~2週間程度で治ります。 赤み・・・注入直後に出現し、当日~翌日には消失します。

この症例の担当ドクターについて

飯塚 雄久常勤治療責任者

院は高い技術と安全性をベースに患者様ひとり一人の悩みを伺い、応えてまいります。ますます健康的に、もっと若々しく美しくなって、自分に自信をもちたい、そんな思いに応えるためにさまざまな施術を通じて、皆様の願いを叶えるお手伝いをいたします。人は体が病気になるとすぐに治療をしますが、しわやシミといった見た目の問題については後回しになりがちです。医療というのは治療を通じてその人の生活の質を向上させることが目的の一つです。見た目に自信がない、もう少しスリムになりたい、そんな悩みや願いを医療で解決することができれば、その人の人生はもっと豊かになるはずです。体の健康だけでなく外見にも自信がもてるように、当美容外科はアンチエイジングといわれる若返り治療や二重術など、多くの手段を通して一人ひとりの要望に応じた適切な治療プランを提供いたします。

詳細を見る

この症例のクリニックについて

クリニック名ベル美容外科クリニック
住所東京都渋谷区道玄坂1-18-3 プレミア道玄坂ビル4F ※マークシティを抜けてすぐです地図を見る
アクセス・交通手段各線「渋谷駅」徒歩5分
営業時間11:00~19:00※日曜日の診療もあり
定休日日曜日

ベル美容外科クリニックの詳細を見る