シリコンバッグ豊胸の修正(バッグ除去+脂肪注入豊胸)の美容整形の症例

トリビュー [TRIBEAU]

人気のキーワード:
プチ整形
キツネライン
韓国
二重

シリコンバッグ豊胸の修正(バッグ除去+脂肪注入豊胸)の美容整形の症例

BEFORE
DAY after

症例写真

    BEFORE
    DAY after

症例について

説明

シリコンバッグを除去して、ボリュームダウンしたバストを脂肪注入で整えます。シリコンバッグの破損や、カプセル拘縮 などに対応が可能です。

ドクターのコメント

シリコンバッグの変形によってバストの形が不自然になり、修正のご相談にいらしゃったゲストです。 見た目の不自然さに加えて痛みを感じるということでしたので、乳腺用のエコーを使用して状態を確認し、シリコンバッグを除去しています。 もともと漏斗胸を気にしてシリコンバッグを入れられていた為、バッグの除去後に胸部のへこみが目立ってしまうのではないかと心配されていました。そのため、バッグの除去した後にコンデンスリッチ豊胸を行い、ボリュームを補っています。 コンデンスリッチ豊胸は、採取した脂肪から不純物を取り除き、健全な脂肪細胞と、脂肪の定着を助ける幹細胞のみを抽出し、バストに注入する方法です。 漏斗胸の方は、デコルテなどにもコンデンスリッチファットを注入することで女性らしいお胸に整えることができます。

リスク・副作用

疼痛、腫れ、内出血など。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

メニュー名豊胸の失敗修正
費用¥100,000〜(※症状によって価格に開きがありますのでお問い合わせください)円(税抜・通常価格)
施術の説明【シリコンバッグ豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、バスト内の状態を確認。その後、腋下か乳房下を切開してバッグを除去する。可能な限り挿入時と同じ箇所を切開。 【ヒアルロン酸豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、しこりの状態を確認。症状に応じて、ヒアルロン酸溶解注射や切開手術を行いこれを除去する。 【アクアフィリング豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、バスト内の状態を確認。その後、生理食塩水でアクアフィリングを溶解する。溶解仕切れない場合には、注射器で吸い出し除去。 【脂肪注入豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、しこりの状態を確認。症状に応じて、ベイザー脂肪吸引や切開手術を行いこれを除去する。
副作用・リスク疼痛、腫れ、内出血など。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

この症例の担当ドクターについて

大橋昌敬先生THE CLINIC(統括指導医)

久留米大学医学部卒業後、久留米大学医学部 第二外科外科学入局。その後Tronto General Hospital(Canada)、聖心美容外科東京院副院長、聖心美容外科福岡院院長を経て、THE CLINICへ入職。福岡院院長、東京院院長を経て技術指導医、統括指導医に就任。

大橋昌敬先生の詳細を見る

この症例のクリニックについて

クリニック名THE CLINIC(ザ・クリニック)東京院
住所東京都港区西麻布3-16-23 Azabu Body Design Center 1F地図を見る
アクセス・交通手段東京都 六本木駅
営業時間10:00 - 19:00
定休日年中無休

THE CLINIC(ザ・クリニック)東京院の詳細を見る