コンデンスビブラ豊胸の美容整形の症例

THE CLINIC(ザ・クリニック)横浜院のコンデンスビブラ豊胸の症例写真(ビフォー)
BEFORE
THE CLINIC(ザ・クリニック)横浜院のコンデンスビブラ豊胸の症例写真(アフター)
DAY after
年代
20(女性)
クリニック
THE CLINIC(ザ・クリニック)横浜院
ドクター
東康晴
価格
¥1,280,000〜(税抜)

症例写真

    BEFORE
    DAY after

症例について

説明

ふくらみの少ないバストにお悩みでご相談に来られたゲストです。乳房を拡張する機器「BEbra(ビブラ)」を併用するコンデンスビブラ豊胸を行いました。

ドクター・施術者のコメント

小振りなバストで授乳経験がない方は、バストの皮膚の伸びが良くないため、限られた量の脂肪しか注入できません。狭いスペースに大量の脂肪を注入してしまうと脂肪がすし詰め状態になって栄養が行き渡らなくなり、脂肪壊死やしこりの原因になってしまいます。 コンデンスビブラ豊胸は、ビブラというお椀型の機器を術前のバストに吸着させて陰圧をかけます。そうすることで、バストの皮膚が伸び、バスト内のスペースが増えてより多くの脂肪を注入することが可能になるのです。バストが小振りで、痩せ型の方におすすめの豊胸術です。

リスク・副作用

【バスト】 疼痛、腫れ、内出血などです。 【脂肪採取部位】 疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなどです。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

メニュー名コンデンスビブラ豊胸
費用¥1,360,000円(税抜)
施術の説明乳房拡張機器「BEbra」を、コンデンスリッチ豊胸の施術直前の2週間使用し、脂肪が定着しやすいコンディションを整える。その後、太もも、腹部などの皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を遠心濾過で除去。これをバストの皮下に注入する。注入後に再度「BEbra」を1週間使用し、脂肪の定着を後押しする。
副作用・リスク【バスト】 疼痛、腫れ、内出血、および豊胸機器装着に伴うかぶれなど。 【脂肪採取部位】 疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

この症例の担当ドクターについて

和歌山県立医科大学医学部卒業後、和歌山県立医科大学附属病院 胸部外科入局。その後豊見城中央病院外科を経て、THE CLINICへ入職。2019年、横浜院院長に就任。

詳細を見る

この症例のクリニックについて

クリニック名THE CLINIC(ザ・クリニック)横浜院
住所神奈川県横浜市西区北幸1-1-8 エキニア横浜8階802A号室地図を見る
アクセス・交通手段JR横浜駅西口より徒歩2分
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休

THE CLINIC(ザ・クリニック)横浜院の詳細を見る