鼻尖形成、鼻中隔延長(切開法+軟骨移植)、鼻骨骨切り、鷲鼻削り(ハンプ削り)の美容整形の症例

トリビュー [TRIBEAU]

人気のキーワード:
プチ整形
キツネライン
韓国
二重

鼻尖形成、鼻中隔延長(切開法+軟骨移植)、鼻骨骨切り、鷲鼻削り(ハンプ削り)の美容整形の症例

症例写真

    BEFORE
    BEFORE
    BEFORE
    BEFORE
    BEFORE
    DAY after
    DAY after
    DAY after
    DAY after
    DAY after

症例について

説明

「鼻尖形成」は、主に丸い鼻先を細くスッキリとさせる手術です。鼻先を細く整える事でモデル・タレントのようなシャープな鼻になります。また、日本人に多い、鼻の穴が正面から見えてしまう“ブタ鼻”は、鼻先を支えている鼻柱(鼻中隔軟骨)が小さいことが原因で、鼻先が短くなり上を向いてしまいます。これを下に伸ばしたり高くするのが「鼻中隔延長」です。鼻を高くするために挿入する軟骨材は、保存軟骨・自家組織・プロテーゼの中から選ぶことができます。お一人おひとりに合わせて形成するオーダーメイド式隆鼻術で、非常に美しく自然なラインを作り出すことが可能です。

リスク・副作用

大きな腫れは1~2週間で引きますが、鼻先のむくみ等が完全に引くのは3ヶ月以上かかることがあります。また、内出血は約2週間でにじむようにして引きます。術後数日間は、鼻の傷より出血が続くことがあります。術後約2週間は強く鼻をかんだり、鼻の中をこすらないでください。また、術後鼻に強い力が加わると、変形等の恐れがありますのでご注意ください。汚い手で触ると内出血を誘発したり、感染する可能性がありますので、十分お気をつけください。

この症例の担当ドクターについて

小野 准平先生東京新宿院 院長

北里大学病院初期臨床研修修了、北里大学病院形成外科・美容外科、形成外科全般ならびに一般外科(消化器外科・乳腺外科)、整形外科、救命救急センターでも研鑽を積み、日本形成外科学会専門医取得後、北里研究所病院(白金)美容医学センターに勤務。その後東京美容外科へ入職し、現在東京美容外科東京新宿院の院長を務める。

小野 准平先生の詳細を見る

この症例のクリニックについて

クリニック名東京美容外科 東京銀座院
住所東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F地図を見る
アクセス・交通手段地下鉄銀座駅A3出口より徒歩5分
営業時間10:00~19:00(予約制)
定休日年中無休

東京美容外科 東京銀座院の詳細を見る