眼瞼下垂、目頭切開の美容整形の症例

BEFORE
DAY 30
年代
20(女性)
クリニック
十仁美容整形
ドクター
江原 真貴子
価格
800,000

症例写真

    BEFORE
    DAY 30

症例について

説明

眼瞼下垂とは、まぶたの中にある眼瞼挙筋の力が弱くなり、上まぶたが開きにくくなる症状です。 以前は先天性の症状か加齢によるものでしたが、最近ではコンタクトレンズによる若い方の腱膜性眼瞼下垂も多くみられます。眼瞼下垂の状態を放置していると、見えにくさから頭痛や肩こりなどの症状に繋がることもあります。 眼瞼下垂では、上まぶたを切開し、瞼板から挙筋をはずして縫い縮める手術を行います。 ただし、タルミがなければ切らない眼瞼下垂(クイック目力)を選択することも可能です。一度ご相談ください。 日本人の目は西洋人とは異なり、目頭に蒙古ヒダと呼ばれる皮膚の被さりが多かれ少なかれあるのが一般的で、この被さりにより、目が小さく見える傾向があります。 目頭切開とは、この蒙古ヒダをとって目を本来の大きさに戻すことで、ハッキリ見せる方法です。日本ではとてもポピュラーな手術になります。 目と目の間隔が広いのに寄り目に見えたり、幅広の平行型にしたいけれど二重の手術では難しかったりする場合に適しています。また目尻側を切り、切れ長の目にする目尻切開法と併用して、さらに目を大きくすることもできます。 手術費用の他に、麻酔代・薬代が別途かかります。 <ダウンタイム> 抜糸:7日目予定 メイク・洗顔:抜糸までは目元のメイクは控え、洗顔は3日目より可能 コンタクトレンズ:術後の経過により3日目より可能 検診:7日後、1ヶ月後、3ヶ月後予定 腫れ:2~3日は泣きはらしたようになり、1~2週間かけて落ち着く 内出血:稀に出る場合があるが、1~2週間かけて消失 シャワー:目元が濡れなければ当日から可能 入浴・飲酒などの身体を温める行為は腫れを助長するため、7日程度控えていただきます

リスク・副作用

・手術後の腫脹によって開眼障害や二重の幅の増大、形状の異常が生じる場合がありますが、腫脹が落ち着くとともにこれらの症状も落ち着きます。 ・目頭切開部に3~6ヵ月程度色素沈着が一時的に起こる場合があるが、紫外線予防をすることで時間の経過により薄くなります。 ・手術部の疼痛、圧迫感、違和感、疲労感等の症状が生じる可能性があります。 ・合併症としては腫脹、内出血、血腫、感染症等の可能性があります。 ・加齢とともに二重の幅や形状が変化する可能性があります。 ・人間の身体は、元々個人差があるため完全な左右対称を保証することは困難です。 ・手術に関して異常あるいは不明な点が生じた場合は直ちにご来院頂き、当院はそれに関して出来得る処置を致します。

メニュー名目頭切開
費用200,000円(税抜・通常価格)
施術の説明日本人の目は西洋人とは異なり、目頭に蒙古ヒダと呼ばれる皮膚の被さりが多かれ少なかれあるのが一般的で、この被さりにより、目が小さく見える傾向があります。 目頭切開とは、この蒙古ヒダをとって目を本来の大きさに戻すことで、ハッキリ見せる方法です。日本ではとてもポピュラーな手術になります。 目と目の間隔が広いのに寄り目に見えたり、幅広の平行型にしたいけれど二重の手術では難しかったりする場合に適しています。また目尻側を切り、切れ長の目にする目尻切開法と併用して、さらに目を大きくすることもできます。
メニュー名眼瞼下垂
費用600,000円(税抜・通常価格)
施術の説明眼瞼下垂とは、まぶたの中にある眼瞼挙筋の力が弱くなり、上まぶたが開きにくくなる症状です。 以前は先天性の症状か加齢によるものでしたが、最近ではコンタクトレンズによる若い方の腱膜性眼瞼下垂も多くみられます。眼瞼下垂の状態を放置していると、見えにくさから頭痛や肩こりなどの症状に繋がることもあります。 眼瞼下垂では、上まぶたを切開し、瞼板から挙筋をはずして縫い縮める手術を行います。 ただし、タルミがなければ切らない眼瞼下垂(クイック目力)を選択することも可能です。一度ご相談ください。

この症例の担当ドクターについて

この症例のクリニックについて

クリニック名十仁美容整形
住所東京都中央区銀座8-9-11 天国ビル5F地図を見る
アクセス・交通手段東京都 銀座駅
営業時間10:00〜19:00
定休日年中無休

十仁美容整形の詳細を見る