コンデンスビブラ豊胸の美容整形の症例

THE CLINIC(ザ・クリニック)名古屋院のコンデンスビブラ豊胸の症例写真(ビフォー)
BEFORE
THE CLINIC(ザ・クリニック)名古屋院のコンデンスビブラ豊胸の症例写真(アフター)
DAY after
年代
30(女性)
クリニック
THE CLINIC(ザ・クリニック)名古屋院
ドクター
福田越
価格
¥1,280,000〜(税抜)

症例写真

    BEFORE
    DAY after

症例について

説明

かなり痩せ型のゲストです。バスト周りが全体的に骨っぽく、ファッションもなかなか楽しめないとお悩みでした。乳房拡張機器を併用する、コンデンスビブラ豊胸を行っています。

ドクター・施術者のコメント

乳房拡張機器ビブラは、バストに吸着させ陰圧をかけることで、皮膚と皮下組織の伸展を促す機器です。術前後に一定期間装着することで、術前はバスト内の脂肪注入スペースを拡げ、術後はバストの血行を促進させて脂肪の定着をサポートします。 術後はデコルテ周りの骨っぽさが改善され、ふっくらとボリュームアップしました。

リスク・副作用

【バスト】 疼痛、腫れ、内出血などです。 【脂肪採取部位】 疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなどです。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

メニュー名コンデンスビブラ豊胸
費用¥1,360,000円(税抜)
施術の説明乳房拡張機器「BEbra」を、コンデンスリッチ豊胸の施術直前の2週間使用し、脂肪が定着しやすいコンディションを整える。その後、太もも、腹部などの皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を遠心濾過で除去。これをバストの皮下に注入する。注入後に再度「BEbra」を1週間使用し、脂肪の定着を後押しする。
副作用・リスク【バスト】 疼痛、腫れ、内出血、および豊胸機器装着に伴うかぶれなど。 【脂肪採取部位】 疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

この症例の担当ドクターについて

久留米大学医学部卒業後、久留米大学医学部 第二外科外科学入局。その後Tronto General Hospital(Canada)、聖心美容外科東京院副院長、聖心美容外科福岡院院長を経て、THE CLINICへ入職。福岡院院長、東京院院長を経て技術指導医、統括指導医に就任。

詳細を見る

この症例のクリニックについて

クリニック名THE CLINIC(ザ・クリニック)名古屋院
住所愛知県名古屋市中区丸の内 3-22-24 名古屋桜通ビル 1F地図を見る
アクセス・交通手段地下鉄桜通線 丸の内駅 徒歩4分
営業時間10:00~19:00(完全予約制)
定休日年中無休

THE CLINIC(ザ・クリニック)名古屋院の詳細を見る