トリビューメニュー美容医療・整形の口コミ予約アプリ | トリビュー[TRIBEAU]トリビュー検索

ほうれい線改善コンビネーション治療(ヒアルロン酸×フラクショナルレーザー)みずほクリニック / 30代女性


before imageBEFORE
60 days after imageDAY 60
BEFORE



施術の内容
施術の説明
当院では、ほうれい線を目立たなくして欲しいというご相談・ご予約のお問い合わせが必ず毎日入る最も多い治療箇所の1つです。 ほうれい線の治療の基本はヒアルロン酸による治療がまず挙げられますが、より効果を引き上げるためには一つのみの治療に決して頼らず、複数の治療方法を組み合わせての改善を当院はお勧め致します。 では実際に症例のご紹介をさせて頂きます。 年齢が経つにつれて、ほうれい線がしっかり刻まれてヒゲのように目立つようになり何とかして欲しいとの事で当院にご相談に来られた33歳の女性の方です。 治療法としては、ヒアルロン酸(アラガン社 ジュビダーム・ボリューマ)1本1ccを両側のほうれい線の皮下と真皮深層に注入しました。そして更にサイノシュア社のフラクショナルレーザー・Lux1540を皮膚面側から照射致しました。因みにこのLux1540は、カサブタを作らないフラクショナルレーザーであり、ダウンタイムは数日の赤みのみですので、患者様にとっては定期的に継続しやすい治療法です。 術後の写真は2ヶ月目の状態を示します。 深かったほうれい線がかなり目立たなくなっています。ヒアルロン酸とフラクショナルレーザー・Lux1540の組み合わせは、ほうれい線をかなり強力に改善するのでお勧めですが、さらに上の年齢層の方でほうれい線の外側からたるんだ肉が被さっているような場合には、糸リフトやメーラーファット吸引、SPダイナミスのインティマレーザーによるスムースリフト(口腔内照射)なども併せて行うと尚のこと効果的な改善が得られます。 美容医療において最も基本とされる「ほうれい線を薄くする」という課題ですが、1つの手技だけでなく複数の手技を組み合わせることによって口元回りの若返り効果を得ることができ、とても若々しく見えるようになります。当院ではほうれい線でお悩みの方のご連絡を心よりお待ちしております。
費用
99,000円 税込
副作用・リスク
【治療に伴う可能性のあるリスク・副作用】 ヒアルロン酸注入:腫れ、内出血、みみず腫れ、皮膚壊死など。 フラクショナルレーザー・Lux1540:赤み、皮膚面に格子状の跡がしばらく残る、熱傷、水疱形成、色素沈着など。

このクリニックの特別メニュー

もっと見る





この施術の担当ドクターについて

みずほクリニックの小松磨史医師

小松磨史


院長

85
件の口コミ

starstarstarstargray star4.1

院長
形成外科専門医
美容外科専門医
受けたい施術が専門・得意
美容ドクター歴が長い
症例数が多い
症例写真が好み
口コミで評判が良い
メディアやSNSで有名
以前他の施術をしてもらって良かった
カウンセリングが良い

H6年 札幌医科大学卒業(第41期) H6年 札幌医科大学・形成外科入局 H10年 札幌医科大学・大学院卒業 医学博士取得 H10年 米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー) H12年 札幌医科大学・形成外科 助教 H14年 北海道砂川市立病院・形成外科 医長 H17年 大手美容形成外科にて院長として歴任 H26年 みずほクリニック開院(院長)


みずほクリニック
みずほクリニック

営業時間:10:00~19:00(※日曜休診・隔週木曜18時まで)

東京都豊島区池袋2-2-1 ウイックスビル4F

JR池袋駅西口C6出口直結

star 4.1
94

ポイント利用可能
予約可