トリビューメニュー美容医療・整形の口コミ予約アプリ | トリビュー[TRIBEAU]トリビュー検索

他院修正脂肪吸引 (臀部)Kunoクリニック梅田院 / 20代女性


before imageBEFORE
null days after imageAFTER
BEFORE



施術の内容
施術の説明
◆既往歴 28歳時:大腿内側と下臀部の脂肪吸引 ◆希望デザイン 東京の有名美容整形クリニックで豊胸目的で吸引したが、術後ヒップライン周囲に多重線やタルミ、凸凹、下垂、左右差が生じてしまったのをどうにか直して欲しい。   ◆方法 VASER最新型超音波他院修正 根こそぎ吸引(下臀部+一部上臀部)     
費用
VASER最新型超音波根こそぎ吸引(下臀部)385,000円(税込) VASER最新型超音波根こそぎ吸引(上臀部)385,000円(税込) +他院修正加算10~30% ※難易度によって異なります ※複合手術割引あり。(まとめて手術を行う場合は大幅割引があります。)
副作用・リスク
■合併症や副作用と軽減または予防法 局所麻酔の副作用は、アレルギーと麻酔中毒(頭痛・嘔気・眩暈・呼吸抑制・意識混濁などの中枢神経症状)が殆どでアレルギーは問診や皮内反応で対応でき、中毒は手術を中断した上で点滴治療をすれば通常回復します。 痛みや腫れ、内出血に対しては術前の前投薬(シンネック)で軽減されます。 術後2~3日以内は打撲痛程度、その後数週間は筋肉痛程度の軽度の痛みが続きますが、通常全て軽快・自然治癒します。 麻酔による腫れがひくのに通常は数日間、炎症による腫れや内出血のダウンタイム(治癒期間) は平均2~3週間程度です。 線維化による癒着、凸凹、シコリ、ツッパリ感などは、術後数ヶ月の内に自然軽快しますが遅延の場合には溶解注射で治します。 傷跡は各吸引部位に1~2箇所ずつ直径3~4mmの傷がつきます。この傷は残りますが数ヶ月~1年程で目立たなくなります。 目立たなくさせるために、7日後の抜糸時より、テーピング約1ヶ月間を施します。 ごく稀に傷が開いたり、かさぶたを剥がしたりすると肥厚性瘢痕になることもあります。 レーザーや日焼けで色素沈着(シミ)が起こることもありますがこれも稀です。 ■ごく稀な合併症 血腫、感染(化膿)、排液貯留、凹凸、タルミなどに対しては適切な圧迫固定と服薬等の注意事項遵守で予防します。 血腫や排液貯留、感染が生じた場合(ごく稀)のダウンタイム(治癒期間)は更に数週間かかることがあります。 数週間~数ヶ月続く神経鈍麻が生じた場合、治癒遅延が生じた方でも数ヶ月以内に自然軽快してきます。 ■禁止事項 術前夜:飲酒をしないで下さい 術日朝:静脈麻酔を御希望の方は食事を控えて下さい。常用薬はカウンセリング時に服用是非をご確認しておいてください。 術後3日~7日:入浴・飲酒・刺激物摂取・運動 ・洗顔やクレンジング時の擦過(シャワーは翌日から可能です) 術後2~3週間:吸引部のマッサージや殴打等 ■術後の必須事項とした方がいいこと 術後4日間 24時間はテーピング固定必須期間があります。 術後7日間 24時間はストッキングなどの装着必須期間があります。 超音波での身体脂肪吸引の場合、術後4~5日間×24時間はドレーン留置することがあります。 その後数週間は更に起きている間(12時間以上)圧迫を続行する方が更に浮腫みが引締ります。 通常、7日後の吸引部位の抜糸が終われば傷にテーピングを施します。 約1ヶ月間続けて下さい。 手術後当日のみ15分毎にクーリング(冷却) 15分毎と安静
担当ドクター・施術者のコメント
他院での脂肪吸引手術により、多重ヒップラインや左右差・タルミ・不自然な段差ができてしまった症例です。当院にてVASER超音波を用いた修正目的の特殊吸引術をオーダーメイドデザインで施した結果、注入をせずとも御本人様のご希望通りに丸みを帯びて、引き締まった、綺麗なヒップラインに仕上りました。きれいな仕上がりにはもう一つの秘訣があります。それは、術後の注意事項をご本人様が徹底されていたことです。 ●脂肪吸引の結果は担当医の技術が全てです! 専門医や経歴等Dr.の肩書、最新吸引機器や知名度等は決して重要ではありません。画像加工や嘘の体験談は論外です。 ●たとえ最新吸引機器VASERでも認定医でも 仮にVASERや最新医療機器を導入していても医師の技術と機器へのフィードバック設定や使いこなす技巧がなければ、異なる人や部位への応用は決してできません。 ●個別・部位別・状況程度別の選択と特殊技術 特に脂肪吸引後の修正は繊細で特殊な技術を随所に要します。 線維化(癒着やしこり等)、各層別の残存脂肪や壊死細胞等が見えない所で複雑に混在しているからです。 ●臀部や大腿後面の脂肪吸引で何故失敗されるのか?  VASERライセンス授与teamが来日した時のレクチャーで、第一人者のDr. Alfredo Hoyosでさえ、ヒップライン直下の大腿後面部( Dr. Hoyosはパルテノン神殿を支える柱に准えて、「パルテノン部位」と名付けていましたが)を吸引で取り崩すとヒップラインが下垂すると講義していたのを覚えています。一理あるのですが、その部位に関しては私と北村先生だけがうまく仕上げる手技を知っていたので、その時既にVASERを超える技法を取り入れることができていました。世界一流Dr.でさえ解決法を知らなかったのですから、講義を鵜呑みにしていた他のライセンス取得医師はおろか、VASER非ライセンス医師がパルテノン部位を吸引すると、凸凹やタルミ、多重ヒップラインや左右差等の問題を生じさせてしまうのだと思います。    ●臀部脂肪吸引修正or注入でのNG手術とは?  吸引後の陥凹部の触診 or 皮膚の伸展度をシミュレーションしない  吸引部の陥凹の原因が、癒着なのか取りすぎなのか判断を間違う  各人の大腿の動きや大殿筋量を計算に入れたデザインをしない  吸引された同じ層に大量のヒアルロン酸や脂肪の注入を勧められる  臀部用シリコン(感染や痛みのリスク高)を挿入することを勧められる 等、どれか一つでも当てはまれば申し込まずに思い留まって下さい!     ●臀部の脂肪吸引で失敗されるとこうなります! 当院で臀部の他院脂肪吸引後の修正をした方の中には、左右差が(元よりも)悪化するに留まらず凸凹やタルミ、シワが増えて一気に下垂した方や、水着が着れなくなった方、坐骨神経痛になって治らなかった方、ダブルヒップラインや臀部外側が男性の臀部の様に陥凹が見られた方等がいらっしゃいました。どんなに有名なクリニックでも慎重にDr.を選んで下さい。貴方の身体の替わり(スペア)はありません。







この施術の担当ドクターについて

Kunoクリニック梅田院の九野 広夫医師

九野 広夫


理事長

0
件の口コミ

gray stargray stargray stargray stargray star

院長

平成04年04月:和歌山県立医科大学医学部医学科入学 平成10年03月:和歌山県立医科大学医学部医学科卒業 平成10年04月:和歌山県立医科大学付属病院臨床研修医 平成10年06月:医師国家試験合格 救急・集中治療室、消化器外科、内科、癌集学的治療部、麻酔科を経る。 平成12年04月:和歌山県立医科大学付属病院臨床研究医 平成14年04月:アサミ美容外科大阪院 勤務 平成14年10月:アサミ美容外科大阪院 院長就任 平成19年11月:アサミ美容外科大阪院 院長職辞職 平成19年11月:美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニック 梅田院院長 就任 平成25年07月:美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニック 総院長 就任 平成25年12月:医療法人美来会 理事長就任


Kunoクリニック梅田院
Kunoクリニック梅田院

営業時間:9:00~21:00

大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200号 大阪駅前第4ビル2F

JR大阪駅・北新地駅・阪神梅田駅より徒歩6分地下鉄谷町線東梅田駅より徒歩3分地下鉄御堂筋線梅田駅・四つ橋線西梅田駅より徒歩8分

star
0