ドクターから探す

MIYAフェイスクリニック

MIYAフェイスクリニックのドクター

MIYAフェイスクリニックの美容整形の症例

61件の症例
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    二重埋没法は、プチ整形とよばれる施術の中で代表的な二重整形です。 希望するラインに特殊な細い糸を皮膚の下に埋没させて、切らずに二重(ふたえ)まぶたを作る手術法で、皮膚への負担が少ないのが特徴です。埋没法には、簡易的な「2点法」、「3点法」の方法があります。二重ライン上に2~3点を決め、それぞれの場所で皮膚と瞼板(まぶたの眼球側にある板)に糸を通し、皮下組織と瞼板を縛り付け、二重ラインを癖づけます。 術後から腫れがありますが、数日~1週間からじょじょに落ち着いてきます。続きを読む

    • 0いいね
    • 71ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    鼻尖縮小術は、鼻先をスッキリさせる為に、左右の鼻の穴の内側を切開し、鼻先の軟部組織と軟骨の一部を除去し、左右に広がった鼻翼軟骨を中央に引寄せて固定することで、スッキリとシャープな鼻先にします。だんご鼻にお悩みの方に効果的です。 鼻中隔延長は、ご自身の耳介軟骨や鼻中隔軟骨を採取して鼻尖部や鼻柱部に移植することで、鼻先を下方延長(鼻中隔延長)し、鼻先を美しく整えます。鼻先が低く高さが欲しい方、上向きの鼻尖を下げたい方におススメです。続きを読む

    • 0いいね
    • 85ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    フェイスリフトは、加齢によってたるんでしまったフェイスラインを取り戻すために行うリフトアップ手術です。 フェイスリフト施術でフェイスラインを引き締めることで、たるみが取り除かれ、輪郭がシャープになり、アゴ下の脂肪吸引でさらに小顔効果を得ることができます。続きを読む

    • 1いいね
    • 93ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    眼瞼下垂の手術をする事により目が開きやすくなります。要望に対して、本術式を適応することにより、黒目(角膜)の露出を拡げて、目力をアップさせることができるため、当院では「見開き拡大手術」と呼んでいます。 症状によっては保険適用も可能です。 下眼瞼たるみ取り(ハムラ法)とは、下眼瞼の脂肪が突出し、逆にそのすぐ下方の窪みが目立つ場合は、突出した脂肪を移動させ下方の窪み(クマ)を盛り上げ、さらに余った皮膚を取り除き筋肉と皮膚を引き上げる施術です。続きを読む

    • 0いいね
    • 89ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    目頭切開術は、「目の横幅を大きくしたい」「平行型の二重にしたい」「目と目が離れているので改善したい」という希望に対して行う手術です。一般的にW型切開(内田法)とZ形成法が行われます。 Z形成法は蒙古ひだの皮膚を切り取るのではなく立体的にずらして入れ替えるので、創に緊張がかかりにくく傷跡が目立ちにくい傾向があります。またその仕上がりは、やや斜め下向きに尖るような自然な目頭の形となり、この形が多くの方に好まれています。 実際は理想とされる仕上がりをお聞きした上で最適な方法をご案内します。続きを読む

    • 0いいね
    • 87ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    隆鼻術は、医療用のプロテーゼ(シリコンインプラント)を鼻に挿入することで、鼻筋を通しスッキリとした高い鼻にします。プロテーゼはご希望に沿った高さや幅に手細工し調整致します。鼻の穴を数ミリ切開し、プロテーゼを挿入するので傷跡が見える心配はありません。続きを読む

    • 0いいね
    • 54ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    眼瞼下垂症とは、上まぶたの筋力だけではまぶたの縁が上がりにくく、十分に視野を確保できない状態をいいます。眼瞼下垂の手術をする事により目が開きやすくなります。要望に対して、本術式を適応することにより、黒目(角膜)の露出を拡げて、目力をアップさせることができるため、当院では「見開き拡大手術」と呼んでいます。 症状によっては保険適用も可能です。続きを読む

    • 0いいね
    • 67ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    鼻翼縮小術は、鼻翼(小鼻)の形を小さく整形し、鼻の横幅や鼻の穴の大きさを小さくスッキリする手術で、小鼻の張りが気になっている方や鼻の穴の大きさが気になっている方へおススメです。 小鼻の切除方法は、鼻翼の内側のみを切除する内側法、内側から外側まで連続して最大限に小さくする外側法、内側と外側の一部分を切除する中間法があり、患者様の小鼻の状態や希望に応じて最適な手術方法を選択します。 鼻尖縮小術は、鼻先をスッキリさせる為に、左右の鼻の穴の内側を切開し、鼻先の軟部組織と軟骨の一部を除去し、左右に広がった鼻翼軟骨を中央に引寄せて固定することで、スッキリとシャープな鼻先にします。だんご鼻にお悩みの方に効果的です。続きを読む

    • 0いいね
    • 57ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    極細の針が一秒間に最速で120回ほど振動することによって、目では見る事ができない極々小さな穴を皮膚にあけます。 肌再生の「創傷治癒力」を利用し、お肌にハリとツヤを与え肌質改善に効果的です。続きを読む

    • 0いいね
    • 68ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    フェイスリフトは、加齢によってたるんでしまったフェイスラインを取り戻すために行うリフトアップ手術です。 フェイスリフト施術でフェイスラインを引き締めることで、たるみが取り除かれ、輪郭がシャープになって小顔効果が得られます。 ミニリフト(Middle-Low)は、あごを中心に首までの範囲をリフトアップする手術です。フェイスリフトと同様の方法でゆるんだ筋膜と皮膚を引き上げます。耳の前のしわに沿って切開するので、傷跡もほとんど目立ちません。 脂肪吸引は、極細のカニューレを使用し耳垂基部(耳たぶの根もと)やアゴ下から吸引を行います。。ホホやアゴ下の脂肪を減らすことで、小顔効果を得ることができます。続きを読む

    • 1いいね
    • 75ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    鼻翼縮小術は、鼻翼(小鼻)の形を小さく整形し、鼻の横幅や鼻の穴の大きさを小さくスッキリする手術で、小鼻の張りが気になっている方や鼻の穴の大きさが気になっている方へおススメです。 患者様の小鼻の状態や希望に応じて最適な手術方法をご提案します。 鼻尖縮小術は、鼻先をスッキリさせる為に、左右の鼻の穴の内側を切開し、鼻先の軟部組織と軟骨の一部を除去し、左右に広がった鼻翼軟骨を中央に引寄せて固定することで、スッキリとシャープな鼻先にします。だんご鼻にお悩みの方に効果的です。続きを読む

    • 0いいね
    • 61ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    VOVリフトは、医療用の溶けるPCL製の「コグ(突起)」が付いた糸を皮下組織に挿入し、引っ掛けることで、切らずにたるみを引き上げるリフトアップ術です。 症例は8本挿入です。ほうれい線が薄くなり、フェイスラインがスッキリしました。 続きを読む

    • 0いいね
    • 82ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    二重埋没法は、プチ整形とよばれる施術の中で代表的な二重整形です。 希望するラインに特殊な細い糸を皮膚の下に埋没させて、切らずに二重(ふたえ)まぶたを作る手術法で、皮膚への負担が少ないのが特徴です。埋没法には、簡易的な「2点法」、「3点法」の方法があります。二重ライン上に2~3点を決め、それぞれの場所で皮膚と瞼板(まぶたの眼球側にある板)に糸を通し、皮下組織と瞼板を縛り付け、二重ラインを癖づけます。 術後から腫れがありますが、数日~1週間からじょじょに落ち着いてきます。続きを読む

    • 1いいね
    • 62ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    額にヒアルロン酸を注入し、おでこに丸みを出しお肌にハリをもたらせます。 また、横顔も美しく、明るくて若々しい印象を与えます。 額に微妙な凹凸がある場合も、ヒアルロン酸を注入することでなめらかにすることが可能です。 注射で注入するだけの施術なので、入れた直後から効果を感じいただけ、負担が少なく傷跡も残りません。続きを読む

    • 0いいね
    • 74ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    ボトックス(BOTOX)は、ボツリヌス菌から抽出された毒性のない製剤(ボツリヌストキシン)で、筋肉を弛緩させる作用があります。 エラが張っている原因は、骨そのもが突起している場合と筋肉そのものが発達している場合があります。奥歯を噛みしめた時にふくらみが出るなら、筋肉(咬筋)肥大によってエラが張っている証拠で、ボトックスを咬筋に注入することで筋肉の動きを和らげ筋肉そのものを縮小していきます。 ボトックス注入後はエラ(咬筋)が徐々に痩せてフェイスラインがシャープになり、小顔を実現させます。 また、ボトックスは約半年~1年程度経つと、自然に体内に吸収され、持続効果が終了します。約半年に1回程度で継続してボトックス注入することで、理想的な小顔の状態をキープ出来ます。続きを読む

    • 0いいね
    • 65ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    ボトックス(BOTOX)は、ボツリヌス菌から抽出された毒性のない製剤(ボツリヌストキシン)で、筋肉を弛緩させる作用があります。 エラが張っている原因は、骨そのもが突起している場合と筋肉そのものが発達している場合があります。奥歯を噛みしめた時にふくらみが出るなら、筋肉(咬筋)肥大によってエラが張っている証拠で、ボトックスを咬筋に注入することで筋肉の動きを和らげ筋肉そのものを縮小していきます。 ボトックス注入後はエラ(咬筋)が徐々に痩せてフェイスラインがシャープになり、小顔を実現させます。 また、ボトックスは約半年~1年程度経つと、自然に体内に吸収され、持続効果が終了します。約半年に1回程度で継続してボトックス注入することで、理想的な小顔の状態をキープ出来ます。続きを読む

    • 0いいね
    • 66ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    眼瞼下垂の手術をする事により目が開きやすくなります。要望に対して、本術式を適応することにより、黒目(角膜)の露出を拡げて、目力をアップさせることができるため、当院では「見開き拡大手術」と呼んでいます。 症状によっては保険適用も可能です。 下眼瞼たるみ取り(ハムラ法)とは、下眼瞼の脂肪が突出し、逆にそのすぐ下方の窪みが目立つ場合は、突出した脂肪を移動させ下方の窪み(クマ)を盛り上げ、さらに余った皮膚を取り除き筋肉と皮膚を引き上げる施術です。続きを読む

    • 0いいね
    • 73ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    「ボトックス」で広く知られるボツリヌス注射は、顔のシワ取りで人気のあるプチ整形治療の一つです。 額に注入することで、筋肉の収縮を抑制して、額の横ジワや深く刻まれたしわになることを予防することが可能です。続きを読む

    • 0いいね
    • 46ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    「ボトックス」で広く知られるボツリヌス注射は、顔のシワ取りで人気のあるプチ整形治療の一つです。 鼻根部に注入することで、筋肉の収縮を抑制して深く刻まれたしわになることを予防することが可能です。続きを読む

    • 1いいね
    • 41ビュー
  • MIYAフェイスクリニック宮里 裕

    「ボトックス」で広く知られるボツリヌス注射は、顔のシワ取りで人気のあるプチ整形治療の一つです。 アゴに注入することで、梅干しジワが解消されます。続きを読む

    • 0いいね
    • 53ビュー