リラ・クラニオフェイシャル・クリニック(宇田 宏一先生)のあご骨切り・ルフォー+ssro(両顎)のカウンセリングレポート

ドクター
宇田 宏一
カウンセリング日
2019年12月03日

感想

カウンセリング後の感想

リラクリニオフェイシャルクリニック銀座院 宇田宏一先生 顔の女性化に関するカウンセリング 【むえんぼとけの顔】 所見、セファロ分析と照らし合わせると、特段クセはない。ただ、噛み合わせがⅢ級(第一臼歯が上よりも下が出ている状態)であり、自身が気にしている通り下顎前突の傾向はある。噛み合わせは矯正治療を過去に行い安定はしているが、Ⅲ級の状態で歯のみを修正しているため70%と言ったところ。 また、平均値よりも下顎が長いためそちらの修正も行うと良いだろう。 女性化にあたっては、SSROで下顎を下げ、同時にオトガイ形成を行い、顎先を短く、細くするのが、ひとまず第一段階としてはベストと考えられる。 頭の形は絶壁でなく綺麗。頬骨に関しては日本人に少なく、突出があまりないタイプ。エラは女性化にあたっては気になるかもしれないが、特に優先していじるほどではない。 【プラン】 プランに関しては2通り検討できる。 まず推奨されるのは、下顎のみ下げて術後矯正を一年程度行うもの。これは手術の負担は極めて少なく、現在のⅢ級の状態からⅠ級に改善し、術後に矯正で微調整を行う。長期的に見れば噛み合わせもベストに持っていけるため推奨されるプラン。 もう一つは両顎手術で、70%程度の安定を保った今の状態のまま、上顎、下顎に時計回転をかけ下げるもの。上顎を上方移動させるわけではないので、歯の見え方もそこまで変わらない。こちらは術後矯正は必要ないため手術の負担は大きいが期間は短くすむ。 ただ、噛み合わせがベストに持っていけるわけではないので前者のSSRO+矯正のほうが推奨できるプラン。 オトガイ形成に関しては同時に行う。 【具体的な数値】 上顎に関しては非常に平均的で、笑顔の際の歯の見え方も良い。そのため上顎をいじる必要はない。多少出っ歯のきらいはあるが、それは過去の矯正治療で骨を動かさず、歯のみで修正したためだろう。 下顎に関しては4.5mmから5mmほど後方に下げるとⅠ級の噛み合わせになる。オトガイに関しては平均値より3.8mmほど長い。下顎全体を下げて、下顔面が縮小することを考慮すると、オトガイの短縮は3mm程度行うのが妥当だろう。 【神経線の位置】 セファロ分析を所見したところ、神経は非常に高い位置の内側を通っており、手術もやりやすく、多くの量を切れるタイプ。そのためIVRO適用ではなく、SSRO適用となる。 【矯正の開始時期】 術後すぐ始めたほうがよい。術前の段階で装置の下準備は行う。下顎手術を行った直後から始めると、歯が動きやすいため矯正の期間を短くできる。 【感想】  今回セファロ分析を行い、自身の骨格を具体的に把握することができた。自身の推察があまり間違っていなかった点を確認できたのもよかった。病院の雰囲気は美容外科の高級な、悪くいうと気取った雰囲気はなく、むしろ歯医者に近かった。よく言われるところの受付の対応も全く気にならなかった(スタッフによるのだろう)。具体的な数値と照らし合わせ、最善のプランを提案してもらえたのがよかった。また、噛み合わせという実用面を非常に大切にしているところも好感が持てた。

このカウンセリングの担当ドクターについて

このカウンセリングのクリニックについて

クリニック名リラ・クラニオフェイシャル・クリニック
住所東京都中央区銀座3-3-15 銀座アベニュービル5F地図を見る
アクセス・交通手段JR有楽町駅京橋口より徒歩2分 JR有楽町駅中央口より徒歩3分
営業時間9:00 - 18:00
定休日月曜日・祝祭日

リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの詳細を見る


  • 3いいね
  • 0コメント
  • 282ビュー

リラ・クラニオフェイシャル・クリニック

アプリでもっと見る

クリニックの詳細情報を確認する

クリニック担当者の方へ

  • 掲載情報の更新
  • ドクターの登録・掲載
  • 体験談を増やすための配布物
  • 新着体験談のお知らせメール など
ご希望の方はこちら
トリビューをインストール