リッツ美容外科 東京院(広比 利次先生)のあご骨切り・ルフォー+ssro(両顎)のカウンセリングレポート

釜好庵(ふこうあん)
クリニック
リッツ美容外科 東京院
見積もり
ドクター
広比 利次
カウンセリング日
2019年11月25日

感想

カウンセリング後の感想

リッツ美容外科 広比利次院長 顔の女性化に関するカウンセリング 【むえんぼとけの顔】 所見したところ、特にクセがある顔ではないが、自身が気にしている通り、女性化にあたっては下顎が前突気味である点はたしかに気になると思う(特段クセがない分余計に)。また、それに伴い顔が平坦に見える点も気になる。 【Vライン形成か両顎手術かに関する応答】 輪郭手術(Vライン形成)で長さを短くしても、たんに下顎の長さが短縮されただけにとどまり、顔の平坦さまでは克服できない。頬に脂肪注入を行っても脂肪が吸収されるため、費用対効果の面で十分とは言えない。骨格起因のため、まず一発で決めるとしたらssro を行うのがベスト。正面だけでなく、横顔の立体感も出せるため、正面からの輪郭手術よりも多角的な効果が期待できる。 【両顎(ルフォー +ssro ではなくssro 単独のわけなど】 取り立てて出っ歯であるとか、ガミースマイルというわけでないし、歯の見え方も問題ないため上顎はいじらないほうが良い。そのためルフォー I型は適応ではない。 【ssro 単独だとかみ合わせに支障がでるのでは?】 どの程度下げられるかにもよるが、術後矯正(おそらく一年以内)を行い、かみ合わせを安定させることになる。ただ、矯正に関しては必ずしも急ぐ必要はない。また年齢的に30代で矯正を行うとしても問題はない。 【輪郭整形全般におけるたるみに関する応答】 所見したところ、顎下にたるみが見られる。たるみやすい肌質ではある。ただこの程度ならば術後脂肪吸引を行えば問題はない。 【ssroではなくIVROになることは?】 8割方ssroの適応だが、神経線が浅い部分を通っている場合などにIVROが採用されることがある。ただ、これはCTを取らなければわからない。 【感想】 さすがに当代随一の輪郭整形の権威という風格でした。一目で問題点を認識し、ベストな対策を提案してくださったのはほんとに感動しました。必要ないことはやらせず、まず優先すべき点を確実に提案してくださる先生でした。さすが名医と言われる人なだけあります。たしかにこれなら高くても仕方ないとも思えましたw

このカウンセリングの担当ドクターについて

このカウンセリングのクリニックについて

クリニック名リッツ美容外科 東京院
住所東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン2F地図を見る
アクセス・交通手段恵比寿駅より 徒歩1分
営業時間10:00 ~ 19:00
定休日日曜日

リッツ美容外科 東京院の詳細を見る


  • 9いいね
  • 0コメント
  • 710ビュー

リッツ美容外科 東京院

美容外科・クリニックの口コミ検索・予約アプリ

トリビュー[TRIBEAU]

スマートフォンでこちらのQRコードから
インストールができます

アプリでもっと見る

クリニックの詳細情報を確認する

クリニック担当者の方へ

  • 掲載情報の更新
  • ドクターの登録・掲載
  • 体験談を増やすための配布物
  • 新着体験談のお知らせメール など
ご希望の方はこちら
トリビューをインストール