東京美容外科 赤坂院(山本崇弘 先生)のルフォー+ssro(両顎)・あご骨切り・エラ骨削り・額を丸くのカウンセリングレポート

釜好庵(ふこうあん)
クリニック
東京美容外科 赤坂院
見積もり
ドクター
山本崇弘 (現:赤坂院)
カウンセリング日
2019年08月16日

感想

カウンセリングの様子

東京美容外科 山本崇弘先生(骨切り山ちゃん) 顔の女性化に関するカウンセリング。 【むえんぼとけの男性的要素】 まず気になるのは前額骨(おでこ)。意外と出ている。簡易的な術法としてはヒアルロン酸、脂肪注入などがあるが、根本的解決を図りたい場合はやはり前額骨切りを行い眉骨ごと下げた方が良い。 鼻。直線的で厚みがあるため男性的と言える。あまりやすい皮膚質のため、鼻先形成で小鼻を縮小にとどめた方が良い。 顎部。骨の厚み、オトガイの幅もあり男性的。これに関してはVライン形成もしくはルフォー ssroを行うしかない。審美的に見た場合、一番変わる。たるみが出やすい肌質のため、おそらく術後はハイフ、スレッドリフトを併用したリフトアップも行うことになる。たるみやすいためリフトアップの効果も出やすい体質と思われる。 ssroをやるなら外板切除はやらないほうがいい。骨が薄くなった状態だと骨を下げられない可能性がある。 女性の場合、顎先の骨幅の寸法を20mm前後に取るが、肉の厚み、皮膚感などによるため、骨を見てみないとなんとも言えない。 【初歩レベルでの治療】 おでこに、ヒアルロン酸(4cc前後)、もしくは脂肪注入。 鼻先形成。狭める 唇、男性的。ヒアルロン酸注入などで厚みを増す。 【より効果的な施術】 顎の幅、骨の厚みはあるため、Vライン形成をやると効果はある。ただ、最終的にはルフォーssroが最も効果は高い。 【所感】 若く、「骨切り山ちゃん」の異名を持つ、警察病院系の名医だけあって、触診も踏まえた非常に具体的で的確な診察。骨切りの名医とあり、やはり多くは骨に特化した診断であった。男女の差は骨格に起因することが多く、トランス界隈でも前額骨切り、Vライン形成、ルフォーssroの施術が多いのも納得した。ただ、ここでも肌質の改善を勧められた。この虚弱な肌質には嫌気がさす。

このカウンセリングの担当ドクターについて

山本崇弘 赤坂院 副院長

外見は第一印象を決める大事な要素のひとつです。美容外科を受診される患者さまは誰でも最初は不安ですが、少しの勇気であなたの人生は大きく変わります。東京美容外科 仙台院では、患者さまのご要望をしっかりとお伺いし、適切なアドバイスのもと丁寧に施術することを心がけています。痛みに対して不安になることや気になることなど、どんな些細なことでもかまいません。皆さまのさまざまなご希望に合わせた治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

詳細を見る

このカウンセリングのクリニックについて

クリニック名東京美容外科 赤坂院
住所〒107-0052 東京都港区赤坂6-6-3 2F美容外科・3F審美歯科地図を見る
アクセス・交通手段東京メトロ千代田線「赤坂」駅5a出口より徒歩3分、東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅より徒歩7分、東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅より徒歩10分
営業時間10:00~19:00 [予約制]
定休日年中無休

東京美容外科 赤坂院の詳細を見る