広比 利次

東京院院長

プロフィール

キャリア1979年 東京大学理科II類入学(3年間在学)。 1989年 国立山梨医科大学卒業     東京大学形成外科学教室(波利井清紀教授)に入局。形成外科、美容外科を専攻。 その後、東京警察病院、都立広尾病院、静岡県立総合病院、東京専売病院、竹田総合病院等で美容形成外科学を修得。 2000年2月 東京・目黒にてリッツ美容外科を開設 2013年1月 顎矯正手術に対応するために院内に歯科 (矯正歯科、審美歯科)を併設。       顎顔面領域手術に対応するため入院設備(東京都知事・正式認可)を完備。 この間、日本形成外科学会、日本美容外科学会等で数々の論文を発表する。 98年日本美容外科学会総会で発表した「頬骨骨切り手術」が、最高栄誉の日本美容外科医師会会長賞を受賞。 また、第32回日本美容外科学会総会 新手術手技コンテストで発表した「下眼瞼下制術」が会長賞を受賞。 執筆活動では、鼻の専門的な手術書として出版した『鼻形成術』(克誠堂出版)は、多くの形成外科医、美容外科医に評価を受ける。その他、多くの論文を執筆し、美容医学の発展に貢献する。 海外では、『Plastic and Reconstructive Surgery』『Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery』『Aesthetic Plastic Surgery』等の 世界的に著名な医学ジャーナルへ論文が掲載される。自ら考案した手術技法(Hirohi Methods)は、顔面骨骨切り術、鼻形成術、眼瞼形成術など様々な領域の美容形成手術で、海外に広く浸透した手術法式として定着している。 2010年 形成外科、美容外科に関する数々の功績が国際的に認められ、ハワイ大学医学部客員教授に就任。 2016年 自治医科大学 非常勤講師就任 2016年 国際美容外科学会(ISAPS)では、FACULTY MEMBERに選出される。
資格医療法人社団リッツ美容外科 理事長 ハワイ大学医学部客員教授 日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医 国際美容外科学会(ISAPS) FACULTY (2016KYOTO) 日本美容外科学会(JSAPS) 日本美容外科学会(JSAS) 日本形成外科学会 アメリカ形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons) 国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery) 日本口腔外科学会 日本頭蓋顎顔面外科学会 日本臨床皮膚外科学会 NPOクラニオフェイシャルセンター GID(性同一性障害)学会 日本顎変形症学会
公式SNS公式ブログ

日記

  • ベティ・ペイジ
    リッツ美容外科 東京院広比 利次

    手術前の顔に戻ってきてます。ただ、まだ顔は小さくならずです。続きを読む

    • 10いいね
    • 2コメント
    • 121ビュー
  • はなちゃんまま
    リッツ美容外科 東京院広比 利次

    術後、下唇の腫れと痺れ、熱感、鼻血、血痰がずっと続いており、数日前に妹(同じ日に同じ手術+顎下脂肪吸引を他院でしている一卵性の双子の妹)が手術した病院で1ヶ月検診にいくとのこと、付き添って一緒にみてもらいました。 今まで自分で撮影した経過写真をみてもらうと、手術をきっかけにある病気にかかっている可能性を指摘され、手術した病院に早く連絡してみてもらった方がいいとのこと、昨日連絡、今日仕事を休みみてもらいました。 結果、診断はその先生と同じでした。 手術さえ終えれば、あとは安心してダウンタイムを過ごせるのかなと思っていたので、本当に考えが甘かったです。悔しくて涙がでてきます。 夜は唇の痺れが増して、顎から頬の方までジンジンします。口腔内は腫れていて、感覚がないため、よく唇や頬粘膜を噛んでしまいます。また固形物は食べられますが、咀嚼する度に食べ物が口の外にでてきてしまいます。口の周りに何かついていても全く気づけません。口腔内(特に下唇)が腫れていることで、歯が常に押されて痛いです。 家族には『腹話術の人形みたいだね』と言われ、今は顔をマスクで覆っていないと外にはでられません。口も意識をしないとしっかりと閉じず、会話はできますが、『~です』、『~します』がどうしても『~でしゅ』、『~しましゅ』と上手に発音ができません。 今は手術をしたことに後悔の毎日です。 同じ手術をした妹は、まだ口周りの感覚は鈍いと言っていますが、普通に会話や食事ができます。痺れもないそうです。私からみて『少し頬がふっくらしているかな?』という感じですが、とても自然に見えます。 早くこの地獄のような日々から抜け出したいです。続きを読む

    • 25いいね
    • 2コメント
    • 237ビュー
  • にゃ
    リッツ美容外科 東京院広比 利次

    234日後。 前回3ヶ月検診から間が空き、手術から7ヶ月半後の検診写真と手術前写真になります。これが最後の検診になります。(アフター写真はピアスに特徴がある為、耳をモザイクで消しています) 本当は1.2.3ヶ月検診のあとは6ヵ月検診になりますが、事情があり7ヶ月半の検診になりました。 現在は、後遺症や不自由なことは一切無く生活を送っています。ダウンタイムが無くなったと感じるまで長いようで短かったです。 Before➡︎Afterの写真を見ていただいた通り、我ながら別人になったと思います。 ルフォー +SSROの手術をしてくださった広比先生や看護師さんやスタッフさん皆様に感謝です。この手術のために9年間お金を貯めた過去の自分にも。 大袈裟かもしれませんが、!本心で、、!人生が変わりました! 去年から目や鼻の整形もしてきましたが、この手術は圧倒的にやってよかった整形手術です。高額でしたが、長年のコンプレックスが無くなりました。金額に見合ってると思っています。ここまで変わると思っていなかったのでただただ感動です。後悔はありません。 (めっちゃ語るやんw) 30年以上のキャリアがある広比先生は、日本の美容整形外科の医師で一番の凄腕医師なのではないかと個人的に思ってます!経歴もすごい。 高額の手術でダウンタイムも大変なので簡単におすすめはできませんが、面長や、目から下の中顔面にコンプレックスがある方がこの手術をしたら、きっと満足できるのではないかと個人的に思います。 わたしは噛み合わせを合わせずに、骨格の限界くらいまで顎を移動してもらいました。(上顎3ミリ挙上。上顎6ミリ後退。下顎9から10ミリ後退) ちなみにわたしは手術前の検査(レントゲンなど)で、上顎6ミリ後退、下顎9から10ミリ後退が認められました。元の骨格によっては、ここまで出来ないみたいです。 噛み合わせを合わせて手術したらここまで変わらなかったかもしれません。 ですので、噛み合わせが合わずリッツ審美歯科で歯列矯正中です!4月からはじめて、4ヶ月目!1年間の歯列矯正予定ですが、既にすごく変化しているのでもしかしたらトリビューに載せるかもしれません。 最後の検診が終了したので、この日記は締めます〆 また何かあればこちらに書きたいと思います。 見てくださった皆様ありがとうございました。 続きを読む

    • 348いいね
    • 56コメント
    • 2168ビュー
  • ルフォーI型ssro終了
    リッツ美容外科 東京院広比 利次

    コロナのために半年検診が遅れてしまいましたが、先日無事終了しました。 今はもう以前のように生活ができています。腫れや痛み、傷跡も全くありません。口の動きも全く問題もなく、手術して衰えていた顎周りの筋肉も戻りました。 また、上の歯の感覚が少しづつ戻ってきたように感じます。このままゆっくりと戻ってくれるといいなと言う感じです。 一先ず、これでダウンタイムを終了したいと思います。また何かあればこちらを投稿したいと思います。続きを読む

    • 217いいね
    • 33コメント
    • 2002ビュー
  • ダウンタイム中
    リッツ美容外科 東京院広比 利次

    8日目の様子。 腫れは変わりなし。 笑わない話さないなら あんまり不自然じゃないかもしれないけど 笑顔が特に不自然です。 続きを読む

    • 15いいね
    • 1コメント
    • 614ビュー

施術日記をすべて見る

カウンセリングレポ・メモ

カウンセリングレポ・メモをすべて見る

リッツ美容外科 東京院

美容外科・クリニックの口コミ検索・予約アプリ

トリビュー[TRIBEAU]

スマートフォンでこちらのQRコードから
インストールができます

アプリでもっと見る

クリニックの詳細情報を確認する

クリニック担当者の方へ

  • 掲載情報の更新
  • ドクターの登録・掲載
  • 体験談を増やすための配布物
  • 新着体験談のお知らせメール など
ご希望の方はこちら
トリビューをインストール