広比 利次(ひろし としつぐ)先生 - リッツ美容外科 東京院

トリビュー [TRIBEAU]

人気のキーワード:
プチ整形
キツネライン
韓国
二重

広比 利次

東京院院長

プロフィール

キャリア1979年 東京大学理科II類入学(3年間在学)。 1989年 国立山梨医科大学卒業     東京大学形成外科学教室(波利井清紀教授)に入局。形成外科、美容外科を専攻。 その後、東京警察病院、都立広尾病院、静岡県立総合病院、東京専売病院、竹田総合病院等で美容形成外科学を修得。 2000年2月 東京・目黒にてリッツ美容外科を開設 2013年1月 顎矯正手術に対応するために院内に歯科 (矯正歯科、審美歯科)を併設。       顎顔面領域手術に対応するため入院設備(東京都知事・正式認可)を完備。 この間、日本形成外科学会、日本美容外科学会等で数々の論文を発表する。 98年日本美容外科学会総会で発表した「頬骨骨切り手術」が、最高栄誉の日本美容外科医師会会長賞を受賞。 また、第32回日本美容外科学会総会 新手術手技コンテストで発表した「下眼瞼下制術」が会長賞を受賞。 執筆活動では、鼻の専門的な手術書として出版した『鼻形成術』(克誠堂出版)は、多くの形成外科医、美容外科医に評価を受ける。その他、多くの論文を執筆し、美容医学の発展に貢献する。 海外では、『Plastic and Reconstructive Surgery』『Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery』『Aesthetic Plastic Surgery』等の 世界的に著名な医学ジャーナルへ論文が掲載される。自ら考案した手術技法(Hirohi Methods)は、顔面骨骨切り術、鼻形成術、眼瞼形成術など様々な領域の美容形成手術で、海外に広く浸透した手術法式として定着している。 2010年 形成外科、美容外科に関する数々の功績が国際的に認められ、ハワイ大学医学部客員教授に就任。 2016年 自治医科大学 非常勤講師就任 2016年 国際美容外科学会(ISAPS)では、FACULTY MEMBERに選出される。
資格医療法人社団リッツ美容外科 理事長 ハワイ大学医学部客員教授 日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医 国際美容外科学会(ISAPS) FACULTY (2016KYOTO) 日本美容外科学会(JSAPS) 日本美容外科学会(JSAS) 日本形成外科学会 アメリカ形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons) 国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery) 日本口腔外科学会 日本頭蓋顎顔面外科学会 日本臨床皮膚外科学会 NPOクラニオフェイシャルセンター GID(性同一性障害)学会 日本顎変形症学会

日記

広比 利次先生の施術日記をすべて見る

クリニック担当者の方へ

  • 掲載情報の更新
  • ドクターの登録・掲載
  • 体験談を増やすための配布物
  • 新着体験談のお知らせメール など
ご希望の方はこちら
トリビューをインストール