佐藤玲史先生の美容整形の症例

73件の症例
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    4Dストローク法は、専用のペンで肌に細かい傷をつけて色素を注入する技法です。 1本1本手作業で毛を描くため、濃淡や形の微調整がしやすいのが特長です。 オリビューアイブロー(4D+パウダー)では、眉頭は毛流れを立体的に、眉尻はパウダー仕上げで2つの手法を組み合わせた最新技術です。メイクをしたような、立体感のある美しい仕上がりになります。 また、地毛になじみやすく、スッピンでも色浮きしないのもメリットです。 細かく繊細なデザインができるぶん、リアルでナチュラルな眉毛を実現できます。 傷を最小限におさえていますので、肌への負担を減らせるのもポイントです。続きを読む

    • 0いいね
    • 8ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    4Dストローク法は、専用のペンで肌に細かい傷をつけて色素を注入する技法です。 1本1本手作業で毛を描くため、濃淡や形の微調整がしやすいのが特長です。 オリビューアイブロー(4D+パウダー)では、眉頭は毛流れを立体的に、眉尻はパウダー仕上げで2つの手法を組み合わせた最新技術です。メイクをしたような、立体感のある美しい仕上がりになります。 また、地毛になじみやすく、スッピンでも色浮きしないのもメリットです。 細かく繊細なデザインができるぶん、リアルでナチュラルな眉毛を実現できます。 傷を最小限におさえていますので、肌への負担を減らせるのもポイントです。続きを読む

    • 0いいね
    • 8ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    一重、奥二重、左右の目が非対称といったことでお悩みの方に適しているとされる治療法で、特殊な細い糸をまぶたの裏側から埋め込んでいくことで二重まぶたを作っていく施術になります。メスを入れることもないので皮膚を傷つけることはほとんどなく、腫れも少なくてすみます。また、施術による二重まぶたが気に入らなかったという場合は、元の状態に戻すことも可能です。 デメリットとしては、元の状態に戻ってしまうことです。なお、とれた糸については医療用の糸を使用していますので、そのまま放っておいても問題はありません。また、時間の経過と共に糸で固定した二重のラインがどんどん下がってきて、だんだんその幅が狭くなっていくといったことがあります。このような場合、再手術を行うか、切開法によって永久的に二重を作るかといったことをご提案することがあります。続きを読む

    • 0いいね
    • 16ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    一重、奥二重、左右の目が非対称といったことでお悩みの方に適しているとされる治療法で、特殊な細い糸をまぶたの裏側から埋め込んでいくことで二重まぶたを作っていく施術になります。メスを入れることもないので皮膚を傷つけることはほとんどなく、腫れも少なくてすみます。また、施術による二重まぶたが気に入らなかったという場合は、元の状態に戻すことも可能です。 デメリットとしては、元の状態に戻ってしまうことです。なお、とれた糸については医療用の糸を使用していますので、そのまま放っておいても問題はありません。また、時間の経過と共に糸で固定した二重のラインがどんどん下がってきて、だんだんその幅が狭くなっていくといったことがあります。このような場合、再手術を行うか、切開法によって永久的に二重を作るかといったことをご提案することがあります。続きを読む

    • 0いいね
    • 18ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    涙袋形成術は、ヒアルロン酸注射によって魅力的な涙袋を下まぶたに形成する施術です。ダウンタイムも少なく5~10分程度の短時間で行えるため人気のある施術です。 目元は、第一印象を大きく左右する大切なパーツ。魅力的な目元は人に良い印象を与えるだけでなく、自分自身にも自信が持てるので、さらに良い表情が生まれます。 涙袋形成術は、メスを一切使用せず、ヒアルロン酸注射のみで涙袋を形成するため、小さい涙袋から、特徴的な大きい涙袋まで、注入量を微調整することでご希望通りの形を作ることが可能です。続きを読む

    • 1いいね
    • 15ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    眼をパッチリ開かせたい、もっと瞳を大きく見せたい、眠たそうな目といわれた、生まれつき目を開ける力が弱く眠そうな目の方は眼瞼下垂法が最適です。 眼瞼下垂は病気ではなく、上まぶたが下がってきて目が開けにくくなる状態を言います。そのため眉を上げるなどして、別の筋肉を駆使するなどしてまぶたを挙げるようになることから、肩こり、頭痛、おでこのしわが多くなるといった症状が現れるようになります。これはまぶたを挙げる筋肉や腱が弱ってしまうことが主な原因で、先天性(生まれつき眼瞼挙筋の発達が悪い など)、加齢性、ハードコンタクトレンズの装用などが引き金となって起きるようになります。 眼瞼下垂の治療をすることで、頭痛や肩こりの症状が軽減する可能性もあります。続きを読む

    • 1いいね
    • 29ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    ヒアルロン酸をアゴに注入することで、アゴの形を整える施術です。 アゴは輪郭に影響を大きく与える大事なパーツの1つです。ちょっとした形、前方、下方への突出、バランスの変化がお顔全体の印象を変えます。 ヒアルロン酸を注入することで、ボリュームを出したり、高さや形を整えることや割れているあごを滑らかなラインにしたり、ゴツゴツしている状態を滑らかなラインに変えることも可能です。 ヒアルロン酸の中でもクレヴィエルは大変成形性に富み、アゴや鼻の形を整えるのにとても適した素材です。続きを読む

    • 3いいね
    • 22ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    ヒアルロン酸をアゴに注入することで、アゴの形を整える施術です。 アゴは輪郭に影響を大きく与える大事なパーツの1つです。ちょっとした形、前方、下方への突出、バランスの変化がお顔全体の印象を変えます。 ヒアルロン酸を注入することで、ボリュームを出したり、高さや形を整えることや割れているあごを滑らかなラインにしたり、ゴツゴツしている状態を滑らかなラインに変えることも可能です。 ヒアルロン酸の中でもクレヴィエルは大変成形性に富み、アゴや鼻の形を整えるのにとても適した素材です。続きを読む

    • 2いいね
    • 24ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    日本人など黄色人種の特徴でもある目頭を覆っている上まぶたの皮膚(蒙古ひだ)を切開し、縫合することで目元の印象を変えたいと希望する方々に行われる施術です。具体的には、目を大きく見せたい、目と目が離れているといった方に適しています。 施術に関してですが、局所麻酔下で行われます。蒙古ひだ切除の方法には、Z形成(Z型の切開をし、皮膚を組み替えて縫合する)やW形成(W型の切開で皮膚切除を行って、W字で縫合する)といったものがあり、どの方法にするかは事前にカウンセリングをして決めます。術後に2~3日ほど腫れが見られ、内出血も見られますが2週間ほどで完全に消えるようになります。痛みなどを感じることはあまりありません。抜糸は術後1週間ほどかかります。また傷跡につきましては、施術直後は赤みなどがあって目立ちますが、1ヵ月ほど経過してそれらが消えるようになれば傷跡は多少残りますが、メイクなどで隠せる程度です。続きを読む

    • 1いいね
    • 22ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    切開には二重のまぶたを作るための施術をはじめ、目頭、目尻を切開するケース、目の下のたるみを改善させるための切開がありますが、ここでは二重まぶたを作るための施術になります。 二重まぶたを作るための切開法による施術が適しているのは、埋没法では糸が取れてしまうので、二重の状態をいつまでも維持したい。あるいは半永久的に二重にしたいという方、まぶたが厚ぼったい(眼瞼下垂 など)方などです。くっきりした二重や幅の広い二重を作ることができます。続きを読む

    • 0いいね
    • 42ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    一重、奥二重、左右の目が非対称といったことでお悩みの方に適しているとされる治療法で、特殊な細い糸をまぶたの裏側から埋め込んでいくことで二重まぶたを作っていく施術になります。メスを入れることもないので皮膚を傷つけることはほとんどなく、腫れも少なくてすみます。また、施術による二重まぶたが気に入らなかったという場合は、元の状態に戻すことも可能です。 デメリットとしては、元の状態に戻ってしまうことです。なお、とれた糸については医療用の糸を使用していますので、そのまま放っておいても問題はありません。また、時間の経過と共に糸で固定した二重のラインがどんどん下がってきて、だんだんその幅が狭くなっていくといったことがあります。このような場合、再手術を行うか、切開法によって永久的に二重を作るかといったことをご提案することがあります。続きを読む

    • 0いいね
    • 28ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    切開には二重のまぶたを作るための施術をはじめ、目頭、目尻を切開するケース、目の下のたるみを改善させるための切開がありますが、ここでは二重まぶたを作るための施術になります。 二重まぶたを作るための切開法による施術が適しているのは、埋没法では糸が取れてしまうので、二重の状態をいつまでも維持したい。あるいは半永久的に二重にしたいという方、まぶたが厚ぼったい(眼瞼下垂 など)方などです。くっきりした二重や幅の広い二重を作ることができます。続きを読む

    • 0いいね
    • 35ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    日本人など黄色人種の特徴でもある目頭を覆っている上まぶたの皮膚(蒙古ひだ)を切開し、縫合することで目元の印象を変えたいと希望する方々に行われる施術です。具体的には、目を大きく見せたい、目と目が離れているといった方に適しています。 施術に関してですが、局所麻酔下で行われます。蒙古ひだ切除の方法には、Z形成(Z型の切開をし、皮膚を組み替えて縫合する)やW形成(W型の切開で皮膚切除を行って、W字で縫合する)といったものがあり、どの方法にするかは事前にカウンセリングをして決めます。術後に2~3日ほど腫れが見られ、内出血も見られますが2週間ほどで完全に消えるようになります。痛みなどを感じることはあまりありません。抜糸は術後1週間ほどかかります。また傷跡につきましては、施術直後は赤みなどがあって目立ちますが、1ヵ月ほど経過してそれらが消えるようになれば傷跡は多少残りますが、メイクなどで隠せる程度です。続きを読む

    • 1いいね
    • 29ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    アイコンとは、一般的にフォトフェイシャル、IPLなどと呼ばれる光を利用して肌の若返り・活性化を図る治療で、レーザーとは異なり「光治療器」に分類される機器です。 この「アイコン」は、他の多くの光治療器とは違い、直接肌にヘッドを付着させ光を照射することが可能です(Direct Cooling)。 他の多くの光治療器では冷却のためにお顔にゼリーを分厚く塗布するため、照射された光はそのゼリーを通過しなければならないので、エネルギー効率がどうしても減弱してしまいます。 ところがこのアイコンはヘッド自体に強力な冷却機能が備わっているため、そのゼリーが不要となりました。従いまして光エネルギーをダイレクトに照射することが出来るので効率的です。強力な冷却装置を2台内蔵しているので、安全に高出力照射が可能となっています。 アイコンでは、1回の施術でも「シミ・そばかす」をかさぶたにし、目立たなくさせる効果があります。その他にも赤に吸収される波長も高く「赤ら顔・肌質の改善、毛穴の引き締め」効果が期待できます。 治療直後からメイクができるのも魅力です。続きを読む

    • 0いいね
    • 21ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    たるみを改善する施術はレーザーや糸など様々ですが、伸び切ってしまった皮膚はこれらで治療をしても限界があり、たるみの度合いによって効果が変わります。 髪の生え際や耳の付け根辺りを小さく切開し、頬とフェイスラインのたるみを引き上げます。頬やフェイスラインなど、局所的なたるみを改善できます。 当院では切開法が2種類よりお選びできます。 ・スタンダード法 切開し皮膚の下を剥離し引き上げ、余った皮膚を切除し皮膚と皮膚を縫合します。 ・アドバンス法 スタンダード法に加え、皮膚と皮膚だけでなく中縫いで、SMASも引き上げ縫合します。続きを読む

    • 1いいね
    • 40ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    鼻尖にオステオポア/オステアポール(PCL:ポリカプロラクトン)というノーズチップを挿入する鼻尖形成術です。 使用するチップは医療用の糸から作られるため、体への負担が少なく、手軽に治療を受けられるメリットがあります。挿入した後のチップは時間とともに自然に体に吸収される素材のため、安全性も高いです。またチップを入れることで、周囲に自家組織が形成されるため、チップがなくなってしまった後も長期間効果が持続します。 ノーズチップは挿入する方向によって、鼻先をシャープにしたり、鼻先を長くしたりする等、ご希望のイメージに合わせた調整が可能です。続きを読む

    • 0いいね
    • 30ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    加齢によって起こるたるみは、筋肉の緊張が徐々に衰え、皮下脂肪が減少するためにゆるんで生じます。 そこで、スレッドリフトでは、円錐状のバイオコーンやコグ(トゲのようなもの)の付いた糸を挿入して組織へ引っ掛け、土台からたるみを持ちあげて、シャープで若々しいフェイスラインへと整えます。 また、糸周辺にできるコラーゲンなどの線維化組織が皮膚や皮下組織を支え、糸が吸収されてもリフティング効果が持続します。続きを読む

    • 0いいね
    • 44ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    一重、奥二重、左右の目が非対称といったことでお悩みの方に適しているとされる治療法で、特殊な細い糸をまぶたの裏側から埋め込んでいくことで二重まぶたを作っていく施術になります。メスを入れることもないので皮膚を傷つけることはほとんどなく、腫れも少なくてすみます。また、施術による二重まぶたが気に入らなかったという場合は、元の状態に戻すことも可能です。 デメリットとしては、元の状態に戻ってしまうことです。なお、とれた糸については医療用の糸を使用していますので、そのまま放っておいても問題はありません。また、時間の経過と共に糸で固定した二重のラインがどんどん下がってきて、だんだんその幅が狭くなっていくといったことがあります。このような場合、再手術を行うか、切開法によって永久的に二重を作るかといったことをご提案することがあります。続きを読む

    • 0いいね
    • 25ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    アイコンとは、一般的にフォトフェイシャル、IPLなどと呼ばれる光を利用して肌の若返り・活性化を図る治療で、レーザーとは異なり「光治療器」に分類される機器です。 この「アイコン」は、他の多くの光治療器とは違い、直接肌にヘッドを付着させ光を照射することが可能です(Direct Cooling)。 他の多くの光治療器では冷却のためにお顔にゼリーを分厚く塗布するため、照射された光はそのゼリーを通過しなければならないので、エネルギー効率がどうしても減弱してしまいます。 ところがこのアイコンはヘッド自体に強力な冷却機能が備わっているため、そのゼリーが不要となりました。従いまして光エネルギーをダイレクトに照射することが出来るので効率的です。強力な冷却装置を2台内蔵しているので、安全に高出力照射が可能となっています。 アイコンでは、1回の施術でも「シミ・そばかす」をかさぶたにし、目立たなくさせる効果があります。その他にも赤に吸収される波長も高く「赤ら顔・肌質の改善、毛穴の引き締め」効果が期待できます。 治療直後からメイクができるのも魅力です。続きを読む

    • 0いいね
    • 25ビュー
  • Original Beauty Clinic GINZA佐藤玲史

    日本人など黄色人種の特徴でもある目頭を覆っている上まぶたの皮膚(蒙古ひだ)を切開し、縫合することで目元の印象を変えたいと希望する方々に行われる施術です。具体的には、目を大きく見せたい、目と目が離れているといった方に適しています。 施術に関してですが、局所麻酔下で行われます。蒙古ひだ切除の方法には、Z形成(Z型の切開をし、皮膚を組み替えて縫合する)やW形成(W型の切開で皮膚切除を行って、W字で縫合する)といったものがあり、どの方法にするかは事前にカウンセリングをして決めます。術後に2~3日ほど腫れが見られ、内出血も見られますが2週間ほどで完全に消えるようになります。痛みなどを感じることはあまりありません。抜糸は術後1週間ほどかかります。また傷跡につきましては、施術直後は赤みなどがあって目立ちますが、1ヵ月ほど経過してそれらが消えるようになれば傷跡は多少残りますが、メイクなどで隠せる程度です。続きを読む

    • 0いいね
    • 45ビュー