部位・施術から探す

目元/二重切開

目元/二重切開の施術

二重切開の質問・相談

二重整形には大きく分けて「埋没法」「切開法」があります。 埋没法は糸を使って皮膚と挙筋を連結させることで二重ラインを作りますが、二重切開法の場合はまぶたの皮膚を切開し、眼輪筋と瞼板を縫合するか挙筋腱膜と皮下組織を縫合して二重ラインを作ります。そのためラインが取れにくく、しっかりとした二重ラインを形成することができます。 また切開法の場合、皮膚を切開した際に不要な脂肪や組織を除去することができるため、腫れぼったいまぶたや厚ぼったいまぶたの場合は、二重ラインを作る際に脂肪除去も行うことですっきりした目元にすることができます。 なお目元にかぶさる皮膚(蒙古ひだ)が発達している場合は、蒙古ひだも一緒に切開することで目頭からしっかりと続く二重にすることが出来る場合もあります。

二重切開の解説や価格帯を見る

553件の質問・相談