トリビューメニュー美容医療・整形の口コミ予約アプリ | トリビュー[TRIBEAU]トリビュー検索
ピコトーニング+エレクトロポレーション |肝斑・シミの改善+保湿までセットで💗
Fellez Clinic【フェルズクリニック】

ピコトーニング+エレクトロポレーション |肝斑・シミの改善+保湿までセットで💗

¥12,800(税込)通常価格:¥18,000
・初回の方のみ
・初診料込み

施術について

Fellez Clinic | フェルズクリニック

⏰診療時間:11時〜20時
🏥休診日 :不定休
🚃新宿駅 徒歩5分
🚃新宿三丁目駅 徒歩1分

=======
◆対象施術:ピコトーニング+エレクトロポレーション(薬剤1種類)
◆対象部位:全顔


《 概要 》

■ピコトーニング
ピコレーザーエンライトンSRはアメリカFDAの認可のピコ秒レーザー、さらに安全性が認められた厚生労働省承認医療機器でもあります。

効果の高いレーザーでありながら、肌への負担を減らし、ダウンタイムを最小限にしています。
非常に短いパルス幅(照射時間)のレーザーのため、シミ、そばかすなどを早く・キレイに除去することができます。

美肌治療では真皮から輝きを取り戻し、本来のお肌の美しさ・自信を蘇らせます。
日本人の肌質のために改良されていますので、繊細な肌質の方にも安心です。

■エレクトロポレーション

エレクトロポレーションとは、電気の力を利用して美容成分を肌の奥に浸透させる施術です。
一般的に、美容のコンディションを整えるためには、美容成分を直接肌に注射して注入する必要があります。しかし、この方法はリスクが高く、また手間も掛かります。
エレクトロポレーションなら、針を使用しなくても有効成分を肌の深部まで浸透させる効果が期待でき、痛みもありません。

エレクトロポレーションによって皮膚への浸透は高まりますが、皮膚が傷付くこともないため非常に安全性が高いといえるでしょう。


《 このような方へおすすめ 》

・肝斑、シミへのケアと保湿ケアどちらも行いたい方
・日焼けによる肌ダメージやシミが心配な方


《 使用する機械 》
ピコトーニングには「エンライトンSR」を使用します。
従来のレーザーに比べて非常に短いパルス幅(照射時間)のため、小さな色素や肝斑、しみ、くすみ、色素沈着などをダウンタイムがほとんどなく、従来の1/2程の回数で除去することができます。

イオン導入には「スプリング X(SpringX)」を使用します。
医療用薬剤対応として進化したものですので、高い効果が期待できます。
ノーニードルセラピーといわれ、イオン導入や超音波導入では浸透させることができなかった分子量の大きい有効性分を針を使わず浸透させる新しい導入方法です。


《 よくある質問 》

Q.施術の痛みはどんな感じですか?
A.ピコトーニングでは、レーザー特有のパチパチ油がはねたような痛みがあります。
どうしても我慢が出来ない場合は、麻酔(有料)もございます。
イオン導入では、微弱な電流を使用する施術ですので、ピリピリとした電気刺激を感じる方もいらっしゃいます。

リスク・副作用

赤み痛みひりつき色素沈着白斑

※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

施術を受けることができない方

・妊娠中、妊娠の可能性のある方
・授乳中の方
・光線過敏症の方、光感受性を高めるお薬を使用している方
・過度の日焼け直後の方
・重度の炎症、傷のある方
・真正ケロイドの方
・ペースメーカーを入れられている方
・補聴器を内蔵されている方
・顔に金属などの異物を入れられている方
・アトピー、自己免疫疾患、てんかん、炎症性ニキビのある方、プロテーゼ・アクアミドなどを注入している方は施術が出来ない可能性があります。
・肝斑がある部位には、ピコスポット・フラクショナルの施術は出来ませんが、トーニングは施術可能です。
・皮膚癌治療中の方
※未成年の方は、保護者の同伴または同意書が必要となります。

注意事項

・自由診療のため公的医療保険適用不可
・年齢確認のため保険証持参の必要があります。
・当日からシャワー可能、湯船に浸かるのはヒリヒリした痛みのある間(2~3日)は避けて下さい
・施術後、紫外線に当たる部位は、日焼け止めをしっかりと塗ってください
・お顔のマッサージは患部を避けて行ってください
・施術当日のサウナや半身浴は避けてください
・1週間ほどは施術部位を強く擦ったり触ったりしないでください
・効果・仕上がり・ダウンタイムなどには個人差があります
・症状の程度によって必要な回数や設定が異なる

使用する機器・薬剤について

スプリング X(SpringX)について
・医師等が個人輸入により入手したものです。未承認医療機器については「個人輸入において注意すべき医薬品等について」もご参照ください。
・同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
・重大なリスクなどが明らかになっていない可能性があります。

施術の詳しい情報