ヒアルロン酸豊胸の失敗修正(ヒアルロン酸除去+脂肪注入豊胸)の美容整形の症例

トリビュー [TRIBEAU]

人気のキーワード:
プチ整形
キツネライン
韓国
二重

ヒアルロン酸豊胸の失敗修正(ヒアルロン酸除去+脂肪注入豊胸)の美容整形の症例

症例写真

    BEFORE
    DAY after

症例について

説明

ヒアルロン酸を除去して、脂肪を注入します。現在ヒアルロン酸豊胸をされていて、ボリュームは落としたくないけど、より自然なバストをご希望される方に適しています。 術前は、視診や触診ではわからない小さなしこりも見落とさないよう、乳腺用エコーでの検査を実施します。お胸の症状に応じて、酸溶解注射や切開でのヒアルロン酸除去を行い、失ったボリュームを自己脂肪で補います。

ドクターのコメント

他院で失敗したヒアルロン酸豊胸の修正です。しこりの影響で、バストラインが不自然に波打っています。 ヒアルロン酸をヒアルロニターゼという溶解液で溶かし、注射器で吸い出しました。術前のエコー検査で、視診ではわからなかったしこりも確認していたので、こちらも完全に除去しています。 当然ですが、除去したヒアルロン酸の分だけバストは小さくなりますので、そのボリュームを何らかの形で補う必要があります。こちらの女性は、コンデンスリッチ豊胸をご希望されましたので、後日、実施いたしました。波打っていた乳房下のラインが、自然に丸みを帯びた状態に整い、手触りも柔らかなお胸に仕上がりました。

リスク・副作用

疼痛、腫れ、内出血などです。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

メニュー名豊胸の失敗修正
費用¥100,000〜(※症状によって価格に開きがありますのでお問い合わせください)円(税抜・通常価格)
施術の説明【シリコンバッグ豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、バスト内の状態を確認。その後、腋下か乳房下を切開してバッグを除去する。可能な限り挿入時と同じ箇所を切開。 【ヒアルロン酸豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、しこりの状態を確認。症状に応じて、ヒアルロン酸溶解注射や切開手術を行いこれを除去する。 【アクアフィリング豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、バスト内の状態を確認。その後、生理食塩水でアクアフィリングを溶解する。溶解仕切れない場合には、注射器で吸い出し除去。 【脂肪注入豊胸の失敗修正】 乳腺用エコーを用いて、しこりの状態を確認。症状に応じて、ベイザー脂肪吸引や切開手術を行いこれを除去する。
副作用・リスク疼痛、腫れ、内出血など。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

この症例の担当ドクターについて

滋賀医科大学医学部医学科卒業後、滋賀医科大学 脳神経外科入局。その後医仁会 武田総合病院 脳神経外科、大塚美容形成外科、大塚美容形成外科 金沢院院長、湘南美容外科クリニック 新宿本院 技術指導医長、湘南美容外科クリニック 新宿本院院長を経て、THE CLINICへ入職。大阪院院長を経て、東京院院長に就任。

中居弘一先生の詳細を見る

この症例のクリニックについて

クリニック名THE CLINIC(ザ・クリニック)東京院
住所東京都港区西麻布3-16-23 Azabu Body Design Center 1F地図を見る
アクセス・交通手段東京都 六本木駅
営業時間10:00 - 19:00
定休日年中無休

THE CLINIC(ザ・クリニック)東京院の詳細を見る