トリビューメニュー美容医療・整形の口コミ予約アプリ | トリビュー[TRIBEAU]トリビュー検索

【20代女性・かぶれ強い一重まぶた激変例】二重全切開+α法&目頭切開聖心美容クリニック 東京院 / 20代女性


before imageBEFORE
null days after imageAFTER
BEFORE
BEFORE



施術の内容
施術の説明
・二重全切開+α法(札幌院独自メニュー) 内容は眼瞼下垂手術、内部処理には吸収糸を使用。 必要に応じて、埋没糸抜糸、脱脂&脂肪移動、タルミ取り。 ・目頭切開(土井式) 基本はミニZ形成術で、下辺の傷痕が目立ちにくい工夫、縫合は、透明な7.0ナイロンを使用。
費用
602,800円(税込)
副作用・リスク
・二重全切開+α法(札幌院独自メニュー) 術後の腫れ、痛み、内出血、目の開き&二重の左右左、傷痕、二重の消失、シスト、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。 ・目頭切開(土井式) 術後の腫れ、痛み、内出血、後戻り、ミリウム形成、肥厚性瘢痕、凹凸変形、左右差、過剰な目頭。
担当ドクター・施術者のコメント
20代女性です。 今回は、アイプチかぶれが強い一重まぶた。 ご相談の結果、ご希望されたのは? ・「二重全切開+α法」(Ver.4) ・「目頭切開」(土井式) Afterは術直後の状態です。 4mm幅でタルミを取り、今回は眼窩脂肪を切除。 眼輪筋、ROOF、挙筋腱膜も適量切除。 ミュラー筋上で、腱膜を剥離前転し吸収糸で固定。 (ver.4)では、固定法や固定部位も進化。 目頭切開は、下辺の傷が涙袋に沿うようにデザイン。 アイプチかぶれが強く、二重は厚ぼったい印象。 術後5日目です。 脱脂すると、浮腫みは長引きますし、今回は、かぶれで皮膚の厚みもあり。 術後1ヶ月の状態です。  最も、傷の赤み&凹凸が目立つ時期ですが、ディファインコンタクトに、負けない目力。 目頭の距離は、38mm→34mmに。 まつ毛は上を向き、美人系の目元に。 人の印象は、目元で大き変わります。 術前に、わざと力を抜いていない証明として、眼瞼下垂の評価には、必須の「上方視」ディファインコンタクトで分かりにくいですが、この術式が、下垂手術であることが分かります。 1ヶ月目は、一番傷の赤み&凹凸が目立ちます。これから、さらに自然で綺麗になります。

このクリニックの特別メニュー

もっと見る





この施術の担当ドクターについて

聖心美容クリニック 東京院の前多 一彦医師

前多 一彦



26
件の口コミ

starstarstarstargray star4.3

院長
形成外科専門医
美容外科専門医
受けたい施術が専門・得意
美容ドクター歴が長い
症例数が多い
症例写真が好み
口コミで評判が良い
メディアやSNSで有名
以前他の施術をしてもらって良かった
友人・知人の勧め
カウンセリングが良い

1992年 国立旭川医科大学卒業 北海道大学医学部附属病院 形成外科入局 1999年 医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター 形成・美容外科部長 を歴任 2001年 医業と両立しながら北海道大学大学院医学研究科にて研究に従事 2005年 大手美容外科に勤務、理事長・札幌院院長・診療部長を歴任 2008年 聖心美容外科入職 東京院を経て札幌院院長に就任


聖心美容クリニック 東京院
聖心美容クリニック 東京院

営業時間:10:00~19:00<完全予約制>

東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F

日比谷線六本木駅から徒歩3分大江戸線六本木駅から徒歩3分

star 4.3
58

ポイント利用可能
予約可