ドクターから探す

銀座S美容・形成外科クリニック

銀座S美容・形成外科クリニックのドクター

銀座S美容・形成外科クリニックの美容整形の症例

22件の症例
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    鼻尖縮小術(鼻翼軟骨縫合+耳介軟骨移植)を行った患者様です。 団子鼻をすっきりして、鼻先をもう少し上向きにしたいというご希望でした。 鼻先の余分な皮下組織を取り除いて、左右の鼻翼軟骨を引き寄せて合わせるように縫合しました。 さらに、その上に耳介軟骨を重ねて乗せることで、シャープな鼻先を作りました。 続きを読む

    • 0いいね
    • 50ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    眼瞼下垂手術の術前・術後3か月です。 眼瞼下垂とは、目を開ける挙筋という筋肉の動きが通常よりも弱くなったり緩んだりして、目を開けにくくなる症状です。 通常は年齢とともに目立ってくるのですが、日本人の場合は一重であったりまぶたが厚ぼったいことが多く、その場合は若い方でも眼瞼下垂治療が適応になります。 眼瞼下垂手術は、二重を作る予定線で切開して、ゆるんだ筋肉を縫って固定して、同時に二重を作ります。 眼瞼下垂が改善すると、開けにくさの改善だけでなく、目がパッチリと大きくなりますので、整容的にも良いイメージになります。続きを読む

    • 2いいね
    • 88ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    厚ぼったいまぶたでしたが、ぱっちりした二重をご希望でした。 なるべくダウンタイムを少なくするために、目力アップ(切らない下垂手術)、マイクロ脱脂(まぶたの脂肪取り)、埋没二重の組み合わせになりました。 目力アップで目が大きくなって、余分な脂肪も取りましたので、ぱっちりした二重になりました。続きを読む

    • 1いいね
    • 42ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    切らない下垂手術(目力アップ)と、埋没二重の、二つの手術を行いました。 目力アップは、まぶたの裏側に糸をかけて、目の開きを大きくします。 さらに、埋没法で一重から二重することで、パッチリ二重になりました。続きを読む

    • 4いいね
    • 58ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    腹部と腰部の脂肪吸引です。 まずはうつ伏せで、腰からウエスト部分をしっかり吸引します。 次に仰向けになって、腹部全体からもしっかり吸引します。 腹部と腰部の脂肪吸引は、太ももの吸引と比較すると、術後のむくみは少なめです。 術後の圧迫が必要ですが、1か月程度でかなり仕上がりに近づきます。 ほぼ仕上がりになるのは、2~3か月程度になります。 腹部、特に下腹部のポッコリした部分は、腹部の脂肪吸引が効果的です。 女性の場合は、ウエストラインのくびれを希望されることが続きを読む

    • 0いいね
    • 71ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    豊胸(脂肪注入) 術前・術後5ヶ月です。 術後1週間では、内出血と腫れがまだ目立ちますが、2~3週間ほどでほぼ消失します。 注入した脂肪はある程度吸収されますが、最初の1ヶ月で脂肪の吸収はほとんどが落ち着きます。 3ヶ月を過ぎますと、生着が安定して大きさはほぼ変わらなくなります。続きを読む

    • 1いいね
    • 40ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    太ももの脂肪吸引の症例です。 太もも全周と、お尻の外側部分も含めてしっかり吸引しました。 術後2か月で、内出血や腫れはほぼ落ち着いています。 通常は、術後3か月でほぼ仕上がりになります。 続きを読む

    • 0いいね
    • 60ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    鼻尖縮小術(ストラットⅢ法)・鼻プロテーゼ・耳介軟骨移植 術前・術後3ヶ月です。 ストラット法は、鼻翼軟骨の間に板状の耳介軟骨を移植して支柱とすることで、鼻先を高く細める鼻尖形成術です。 これまでに医学誌にも掲載されたオリジナル・ストラットⅠ法から年々改良させて、ストラット II法 → ストラットIII法と進化してきました。 鼻翼軟骨を寄せて縫うだけの通常の鼻尖縮小に比べると、より高く細い鼻先にする効果があります。 また、鼻中隔延長術のように、鼻先を下方に伸ばしてアップノーズを改善する効果もあります。 ストラットで土台を作って、さらにその上に耳介軟骨を移植して、シャープで引き締まった鼻先になります。 鼻筋にはI型のシリコンプロテーゼを入れて、鼻先とのバランスを合わせています。続きを読む

    • 0いいね
    • 36ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    他院にて、鼻尖縮小と鼻ゴアテックスで隆鼻術を受けましたが、 ・鼻筋にカーブをつけてすっきりしたい ・アップノーズを改善して、鼻先を高くしたい とのご希望で、当院で修正手術となりました。 鼻筋のゴアテックスを取り出して、I型のシリコンプロテーゼを加工して、挿入しました。 鼻先は、鼻中隔軟骨を使って鼻中隔延長術を行い、鼻先を下向きに調整しました。 さらに鼻先に耳介軟骨移植をして、よりシャープな鼻先にしています。 鼻の曲がりもありましたが、鼻中隔延長とプロテーゼで曲がりを矯正しています。続きを読む

    • 0いいね
    • 50ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    豊胸(脂肪注入) 術前・術後3ヶ月です。 脂肪注入の場合、感触や形は最も自然の胸に近い状態になります。 診察での触診でも脂肪注入していることが分からないくらい自然な感触です。 当院では、脂肪の吸引法、注入の仕方、術後治療やアフターケアを工夫することによって、生着率を高めてとても良い結果が得られています。 術後1週間では、内出血と腫れがまだ目立ちますが、2~3週間ほどでほぼ消失します。 注入した脂肪はある程度吸収されますが、最初の1ヶ月で脂肪の吸収はほとんどが落ち着きます。 3ヶ月を過ぎますと、生着が安定して大きさはほぼ変わらなくなります。続きを読む

    • 0いいね
    • 49ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    眼瞼下垂手術の術前・術後3か月です。 眼瞼下垂とは、目を開ける挙筋という筋肉の動きが通常よりも弱くなったり緩んだりして、目を開けにくくなる症状です。 通常は年齢とともに目立ってくるのですが、日本人の場合は一重であったりまぶたが厚ぼったいことが多く、その場合は若い方でも眼瞼下垂治療が適応になります。 眼瞼下垂手術は、二重を作る予定線で切開して、ゆるんだ筋肉を縫って固定して、同時に二重を作ります。 眼瞼下垂が改善すると、開けにくさの改善だけでなく、目がパッチリと大きくなりますので、整容的にも良いイメージになります。続きを読む

    • 1いいね
    • 52ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    眼瞼下垂手術の術前・術後3ヶ月です。 眼瞼下垂とは、目を開ける挙筋という筋肉の動きが通常よりも弱くなったり緩んだりして、目を開けにくくなる症状です。 通常は加齢とともに目立ってくるのですが、日本人の場合は一重であったりまぶたが厚ぼったいことが多く、その場合は若い方でも眼瞼下垂治療が適応になります。 眼瞼下垂手術は、二重を作る予定線で切開して、ゆるんだ筋肉を縫って固定して、同時に二重を作ります。 眼瞼下垂が改善すると、開けにくさの改善だけでなく、目がパッチリと大きくなりますので、整容的にも良いイメージになります。続きを読む

    • 1いいね
    • 50ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    結膜脱脂+クマ脂肪注入 術後3ヶ月です。 目の下のクマは、もっとも手軽な治療法としては、ヒアルロン酸注射がポピュラーです。 注射だけでクマが改善するので、とても人気があります。 しかし、ヒアルロン酸は時間とともに吸収されていきます。 目の下の膨らみが強いときには効果に限界もあります。 効果を持続的に、なおかつ、膨らみもすっきりさせる治療法として、 「結膜脱脂+脂肪注入」があります。 結膜脱脂は、下まぶたの裏側を数mm小さく切開して、目の下の膨らみの部分の余計な脂肪を切除します。 クマのくぼんだ部分へは、脂肪を注入します。 脂肪は、おへその縁を3mm切開して、数ccの脂肪を採取します。 そこから良い脂肪を選んで、内出血がしにくい鈍針を使って、クマのへこみの部分に注入します。 お顔の切開は必要なく、1~2カ所の針穴だけですので、傷跡は残りません。 ダウンタイムも少なく、当院ではとても人気の治療法です。続きを読む

    • 0いいね
    • 38ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    上眼瞼たるみ取り 術前・術後7ヶ月です。 上まぶたの余分なたるみ部分を切除して二重を作ることで、目元をより若々しい印象に変えます。 加齢変化で皮膚が垂れ下がった方におすすめです。 上まぶたのたるみ取りは、他に眉下切開があります。 二重を作る必要が無い場合は、眉下の皮膚を切除するたるみ取りを選択することもあります。続きを読む

    • 0いいね
    • 48ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    二重全切開 術後1年です。 二重切開は、二重を作りたいラインに沿って切開して、余分な脂肪は切除して二重を作ります。 まぶたの厚みが目立つ、よりすっきりと力強い二重にしたい、埋没法で何度も外れていたり後戻りが心配な方におすすめです。 続きを読む

    • 2いいね
    • 64ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    患者様はもともと鼻の高さはありましたが、ややハンプノーズで、鼻筋の若干の歪みもありました。 基本的なワシ鼻の形はナチュラルに残しながら、全体に細く高くしたいご希望でした。 I 型のプロテーゼを挿入することで鼻筋がシャープになり、プロテーゼの形を加工することで歪み(曲がり)も矯正されました。 また、鼻先には耳介軟骨を移植して、鼻先も高くして全体のバランスを整えました。 鼻中隔延長に比べるとマイルドな変化ですが、耳介軟骨の形や移植の仕方を工夫することで、ある程度は鼻先を下げたり形を整える効果が得られます。続きを読む

    • 0いいね
    • 49ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    以前に他院でL型プロテーゼを挿入したのですが、アップノーズが残ってしまい、また鼻の形が不自然で気に入らず、今回は修正治療をご希望で当院に来院された方です。 入っていたL型プロテーゼを抜去して、瘢痕を切除。 鼻中隔延長術と同時に、薄めの I 型のシリコンプロテーゼを挿入して、ナチュラルでプロポーションの綺麗な鼻に形成する治療を行いました。続きを読む

    • 0いいね
    • 46ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    鼻尖縮小術(ストラットⅢ法)・鼻プロテーゼ・耳介軟骨移植 術前・術後3ヶ月です。 ストラット法は、鼻翼軟骨の間に板状の耳介軟骨を移植して支柱とすることで、鼻先を高く細める鼻尖形成術です。 これまでに医学誌にも掲載されたオリジナル・ストラットⅠ法から年々改良させて、ストラット II法 → ストラットIII法と進化してきました。 通常の鼻尖縮小に比べると、より高く細い鼻先にする効果があります。 また、鼻中隔延長術のように、鼻先を下方に伸ばしてアップノーズを改善する効果もあります。 術前には、かなりのアップノーズ・短鼻で、鼻筋や鼻先の曲がり、鼻孔形態の左右差も存在しました。 ストラット法での鼻尖縮小を中心に、プロテーゼの形状・鼻翼軟骨の処理・軟骨移植を工夫することで、曲がってた鼻筋・鼻先・鼻孔の形態が大きく改善しています。続きを読む

    • 0いいね
    • 52ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    豊胸(脂肪注入) 術前・術後6ヶ月です。 脂肪注入の場合、感触や形は最も自然の胸に近い状態になります。 診察での触診でも脂肪注入していることが分からないくらい自然な感触です。 当院では、脂肪の吸引法、注入の仕方、術後治療やアフターケアを工夫することによって、生着率を高めてとても良い結果が得られています。 術後1週間では、内出血と腫れがまだ目立ちますが、2~3週間ほどでほぼ消失します。 注入した脂肪はある程度吸収されますが、最初の1ヶ月で脂肪の吸収はほとんどが落ち着きます。 3ヶ月を過ぎますと、生着が安定して大きさはほぼ変わらなくなります。続きを読む

    • 1いいね
    • 57ビュー
  • 銀座S美容・形成外科クリニック酒井 直彦

    二重全切開 術後4ヶ月です。 二重手術には埋没法と二重切開があります。 瞼の厚みが目立つ方、よりすっきりと力強い二重を希望される方、埋没法では後戻りが心配な方には、二重切開がおすすめです。 また、幅の広い二重まぶたにしたい場合や、皮下に脂肪が多いために埋没法では二重にしにくい場合、皮膚のだぶつきが多くより力強い二重を希望される場合も、二重切開は良い適応です。続きを読む

    • 2いいね
    • 61ビュー