鼻中隔延長術・鼻プロテーゼの美容整形の症例

症例写真

    BEFORE
    BEFORE
    DAY 180
    DAY 180

症例について

説明

以前に他院でL型プロテーゼを挿入したのですが、アップノーズが残ってしまい、また鼻の形が不自然で気に入らず、今回は修正治療をご希望で当院に来院された方です。 入っていたL型プロテーゼを抜去して、瘢痕を切除。 鼻中隔延長術と同時に、薄めの I 型のシリコンプロテーゼを挿入して、ナチュラルでプロポーションの綺麗な鼻に形成する治療を行いました。

リスク・副作用

・抜糸が必要である ・ギプス固定期間がある ・個人差はありますが、2~3週間ほど腫れ、内出血がある ・術後定期的な通院が必要である

この症例の担当ドクターについて

この度、銀座S美容・形成外科クリニックを開業いたしました、酒井直彦です。 私は医学部卒業後に北里大学病院で19年間、形成外科および美容外科の医療に携わってまいりました。 2009年より城本クリニックに院長として招聘を受けました。 また、城本クリニックでは2000年より非常勤医師としても診療をしておりました。 多岐にわたる形成外科・美容外科のなかでも形態的、あるいは造形的な部分に長年興味を持っておりましたが、その気持ちがますます先鋭化して美容外科を専門とすることにいたしました。 2009年に城本クリニック新宿院院長として招聘を受け、2013年には銀座院を開院しました。 2016年からは新たなクリニックとして、より充実した治療を目指し、さらなる飛躍をしたいと思います。 近年では美容医療の発展は目覚ましい物があります。と同時に一般の方々への普及にも目を見張る物があります。 今、気軽に治療を受けることが出来る時代となり、私どもは数ある美容クリニックのなかでも、外科的にも皮膚科的にも、安全で確かな美容医療を目指します。 また常に最高水準の美容医療が行えるよう、ドクターとメディカルスタッフが日々研鑽に努めております。 私のモットーとしては絶対的満足を目指すことです。 それは、患者様が満足(一番大切)、術者の私も満足、他の医師も納得、といった結果を得る事です。 このような満足感を得た患者様は、検診にお見えの際に皆一様に外面だけでなく内面的な美しさもそれまで以上に引き立ってくると感じます。 患者様が何を望んでいるかを理解して、そのためにはどのような手技が必要なのか、丁寧なカウンセリングを行います。 施術内容もしっかりとご理解いただくことが満足への近道だと思います。 美容クリニックでは信頼できる医師を見つける事は最も大切なことです。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

詳細を見る

この症例のクリニックについて

クリニック名銀座S美容・形成外科クリニック
住所東京都中央区銀座6丁目5-13 CSSビルディング III 3F地図を見る
アクセス・交通手段銀座線銀座駅より徒歩3分JR線有楽町駅より徒歩6分
営業時間10:00~19:00※土曜・祝日も診療
定休日日曜休診

銀座S美容・形成外科クリニックの詳細を見る