トリビューメニュー美容医療・整形の口コミ予約アプリ | トリビュー[TRIBEAU]トリビュー検索
pmrr

恵聖会クリニック 心斎橋院の眼瞼下垂(切開)の術後経過

未認証

施術日

2019年06月12日

経過日数

11
この投稿はまだダウンタイム中です。回復期間のため腫れや痛みなどがおさまっていない場合があります。
ダウンタイムとは?

経過写真

before imageBEFORE
11 days after imageDAY 11
BEFORE
DAY 0
アプリで写真を見る

クリニック・メニューについて

このクリニックを選んだ理由は?

同院で指名無しでの埋没が失敗し、再度相談室でのオススメされた菅野先生を指名してカウンセリングをしてもらいました。

メニュー名

眼瞼下垂

メニューについて

担当の先生に勧められたから。

流れや痛みについて

念入りに二重の幅、切り取る部分の説明をしてもらい、点眼麻酔からの左目から麻酔を注射して始めていきました。 左目の麻酔の時は殆ど痛みが無かったのですが、右目の麻酔は少し痛みがありましたが、全然我慢できるくらいでした。 手術中も痛みは殆ど感じなかったので、時々リラックスし過ぎて寝てしまいました。 筋膜?を固定する時には目を圧迫?引っ張られてる感覚はありました。

ドクターやスタッフの対応について

先生が凄く丁寧で、他のスタッフの方も優しくしてもらいました。 何度も何度も二重幅の確認をしてくれたので、とても安心、信用できました。

関連するキーワードすべてのキーワード

これまでの経過レポ

まだ経過はありません

1件のコメント

  • mikichim
    ぽんず

    コメント失礼します。眼瞼下垂でこちらのクリニックで手術して頂こうと思っているのですが、保険適用で二重の幅は調節していただけそうでしたか?

    4年前

この施術の担当ドクターについて

この施術のクリニックについて

恵聖会クリニック
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
心斎橋駅長堀橋駅
「心斎橋駅」徒歩3分、「長堀橋駅」徒歩2分
営業時間:月〜水 10時〜19時、木〜日 9時〜18時
休診日:不定休
06-6252-5650
ホームページ

同じ施術の口コミ

口コミBEFORE
口コミDAY 455
anzun佐藤
認証済

starstarstarstarstar5.0
エートップ美容整形外科
目元/二重切開目元/眼瞼下垂(切開)目元/クマ治療目元/上まぶたたるみ取り目元/上まぶたの脂肪取り目元/下まぶたの脂肪取り

予約の50分前に到着して、受付で書類の記入をしました。 そのあと近くのオープンスペースで洗顔、口を濯いでアクセサリーを全て取りました。 その後の写真撮影は割とすぐ終わりました。その後流れるように通訳さんとカウンセリング室でどうなりたいか話しました。資料を持っていったのでスムーズに出来ました。 少し待ってダハン先生が登場しました。そこで直接一つ一つの施術について話しました。 そして希望していた目頭切開と小鼻縮小はやらなくていいとはっきり仰って下さって安心できました。特に小鼻縮小は本当にやるか悩んでいたので嬉しかったです。 資料を渡したら、かなりじっくり見ていました。私の目を見て、棒を使って何度もラインをつけていました。皮膚が伸びていて、そのせいで目を開ける力はあるのに額の筋肉を使って目を開いている事を言われ、瞼の余計な皮膚を除去する事になりました。 そして先生が帰り、通訳さんと二人になった後お会計をしました。 こうなりたいとぐいぐい言えなかったので伝わってるか不安で、そのあと向かった病室のベッドで縛られて震えながらなんでこんな事してるんだろ〜〜もうだめだ〜〜ってその時は思ってました(結果的に満足してます) 右腕に注射を刺されまた少し待ってからダハン先生が登場、印をもう一度確認し終えたところで看護師さんに眠くなります〜と言われていつ眠くなるんだろうって思ってたら記憶飛んでました。 二重切開だと途中で確認のため睡眠麻酔を中断し目を数回に分けて大体〜10回くらい開閉しなければいけません。意識はあるので、皮膚の焼かれる臭いとチクチク瞼を縫っている感覚が伝わってきて怖かったです。ちなみに脅すような事言って申し訳ありませんがまあ耐えられるかな…くらいの痛みがあります。私は強張っちゃって何度も力抜いてください〜って言われました。 二重の施術が終わった後にまた眠くなります〜と言われてすぐに落ちました。 起きたら一人がけソファ一がある個室にいました。起きた事を報告しようとナースコール的なのを押したら、すぐに駆け付けてくださりましたが、まだ寝ていた方がいいと言われて寝ようとするもトイレに行きたくなりトイレまで付き添ってもらいました(フラフラです) 戻ってまたぼーっとしてたら「もう起きましょうか?」と通訳さんが来てくれました。そっからは着替えてお土産と処方箋を貰いスムーズに帰りました。

937
8
banner