鼻尖形成の解説記事サムネイル

鼻尖形成

鼻尖形成術とは、鼻先を整える施術のことを言います。 鼻先を整える施術には、鼻先を細くして団子鼻を解消する鼻尖縮小術や、鼻先に高さを出したり伸ばしたりする軟骨移植術などがありますが、一般的には鼻尖形成術は鼻尖縮小術のことを指すことが多いです。

ダウンタイム:1週間
二重切開の解説記事サムネイル

二重切開

二重整形には大きく分けて「埋没法」「切開法」があります。 埋没法は糸を使って皮膚と挙筋を連結させることで二重ラインを作りますが、二重切開法の場合はまぶたの皮膚を切開し、眼輪筋と瞼板を縫合するか挙筋腱膜と皮下組織を縫合して二重ラインを作ります。そのためラインが取れにくく、しっかりとした二重ラインを形成することができます。 また切開法の場合、皮膚を切開した際に不要な脂肪や組織を除去することができるため、腫れぼったいまぶたや厚ぼったいまぶたの場合は、二重ラインを作る際に脂肪除去も行うことですっきりした目元にすることができます。 なお目元にかぶさる皮膚(蒙古ひだ)が発達している場合は、蒙古ひだも一緒に切開することで目頭からしっかりと続く二重にすることが出来る場合もあります。

ダウンタイム:1ヶ月
二重埋没の解説記事サムネイル

二重埋没

二重整形には大きく分けて「埋没法」「切開法」があります。 切開法の場合は、文字通りまぶたを切開することで二重ラインを作りますが、埋没法の場合は切開をせずに予定ライン上を糸で固定する事で二重ラインを作ります。

ダウンタイム:1~数週間
ハイコ・ミスコの解説記事サムネイル

ハイコ・ミスコ

ミスコ・ハイコはいずれも切開することなく、専用の糸を使用することで鼻に高さを出したり希望の方向に長さを出すことができる施術です。 ミスコは日本のクリニックで、ハイコは韓国のクリニックで多く行われている施術法でそれぞれ器具や効果に差があります。

ダウンタイム:2日
眉下切開の解説記事サムネイル

眉下切開

眉下切開とは、上まぶたの皮膚がたるんで余っている際に行う治療法です。 眉下部分を切開して、たるんでいる皮膚を切除縫合することで、目元をすっきりさせることができます。

ダウンタイム:2週間〜 傷跡が目立たなくなるまで6ヶ月前後
エラ・小顔ボトックスの解説記事サムネイル

エラ・小顔ボトックス

顔が大きく見えるのにはいくつかの原因がありますが、エラ・小顔ボツリヌストキシン治療は耳の前下のエラの筋肉が張っている際に適した治療法です。 ボツリヌストキシン注射を行うことで、角ばった輪郭がシュッとしたシャープなラインになります。

ダウンタイム:ほぼなし
脂肪溶解注射(顔)の解説記事サムネイル

脂肪溶解注射(顔)

「頬の脂肪が気になるものの、脂肪吸引は少し不安」 「できるだけ手軽な方法であごのタプタプしたぜい肉を取りたい」 そんな方に人気なのが脂肪溶解注射です。 脂肪吸引と異なり、回数を重ねることで少しずつ痩せることができる上にダウンタイムが短いため、周囲にばれずにダイエットをすることも可能です。

ダウンタイム:種類により1日~1ヶ月
脂肪吸引(顔)の解説記事サムネイル

脂肪吸引(顔)

脂肪吸引は、カニューレ(数mm程度の吸引管)を用いて体内の脂肪細胞を物理的に除去する施術です。希望する部分の皮下脂肪を除去できるので、「二の腕のぜい肉が気になる」、「顎のタプタプした脂肪が気になる」といった部分瘦せに適しています。 特に二重顎や頬の輪郭のたるみは、第一印象に大きく影響します。体が痩せていても、この部分の印象次第では実際より太って見えたり、顔が大きく感じられたりすることもあるでしょう。 なお、一言で脂肪吸引といってもクリニックによって使用する機器はまちまちです。吸引方法によっては効果にも差が出るので、まずはそれぞれの吸引法を理解しておきましょう。

ダウンタイム:5日~3週間
鼻中隔延長の解説記事サムネイル

鼻中隔延長

鼻中隔延長術は、鼻中隔に軟骨を移植することによって鼻を希望の角度や長さに延長する施術です。 延長する向きを変えることで伸ばす方向を調整することができるため、比較的応用範囲が広い鼻の手術法になります。

ダウンタイム:1週間~2週間
軟骨移植の解説記事サムネイル

軟骨移植

耳介軟骨移植は、鼻先に軟骨を移植することで、鼻先に高さや長さを出す手術です。 軟骨を挿入する場所や方向によって鼻のラインを変えることができるため応用範囲が広く、 「鼻先をシュッと高くしたい」 「上を向いた鼻を下向きにしたい」 「ブタ鼻を解消したい」 など、鼻先に関する様々なお悩みに対応することができます。

ダウンタイム:1週間